中古建設機械情報・ニュース【トクワールド】の重機の塗装技術!!トクワールドでは絶対的に自信があります!

中古重機買取 新車建機販売 建設機械 ユンボ ホイールローダー ブルドーザー トラック ラフタークレーン フォークリフト 環境機械 新品中古アタッチメント・パーツ 修理・輸出・リース 東海地区No.1

  1. TOP
  2. BLOG
  3. 建機
  4. 重機の塗装技術!!トクワールドでは絶対的に自信があります!
重機の塗装技術!!トクワールドでは絶対的に自信があります!

建機

2022/06/03

693

重機の塗装技術!!トクワールドでは絶対的に自信があります!

 こんにちは。

 第5派の波もようやく収まり、さあ久しぶりに釣りにでも行こうか!と週間天気予報を見てみると傘マーク。

 パラソルも持っているので行こうと思えば行けるのですが、せっかくなら秋晴れの気持ちの良い天気の中でのんびり行きたいです。

 重機のメンテナンス工程の中で、天候が仕上がりの日数に影響してきてのしまうは、『塗装』です。

 私たちの重機・建機に対する塗装へのこだわりは現場で実際に使用することを考えるとやりすぎではないかと思われることがあります。

 しかし、この仕上がりが結果的に重機購入のリピートしていただく理由にもなっているのも事実です。この重機購入についてのリピート理由を少しひも解いてご紹介させていただきます。


重機の塗装は、下地が命です。


 昨今では男性用の化粧水などは割とポピュラーになってきました、もちろん女性のお化粧も下地が大切ですよね。

 重機の塗装も同じです。色を塗りたい場所の下地をしっかり仕上げていないと塗装が安定せずに定着してくれません。

 例えば、重機の間接周りのグリスや、シリンダーシールからのオイル漏れを起こした重機は、しっかりと油分の除去を行う。

 大きなへこみや傷がある重機は、パテという固まる粘土のような素材で埋めてからサフェーサー処理(後程説明します)を行い正しい面を出していきます。


 この地道な作業が重機塗装の安定・定着に繋がり、仕上がり後の良い状態を長期間保てる理由となっています。


見せかけだけの重機塗装


 少し業界的な話になりますが、パッと見て綺麗に見せかけるための塗装は簡単です。

 1液タイプ(ホームセンターなどのスプレー缶などの仕様と同じ)の塗料で、細かなマスキング(後程説明します)も無く全体に吹き付けるだけでもインターネットサイトで閲覧するレベルだと綺麗に見えます。

 しかし、油分・下地処理をしないで施工された1液タイプの塗装は、すぐに剥がれや色褪せが発生してしまいます。


 トクワールドの塗装では、自動車業界で使用している塗料と同じ2液タイプを用いています。
 取り扱いが難しく、高価ではありますが、それ故に色褪せやひび割れへの耐久性はもちろん、発色の良さなど1液タイプとは比較になりません。

 一般に、ホームセンターなどで販売されているペンキは1液塗料。2液塗料はプロ仕様で、主剤と硬化剤を混ぜる手間や技術が必要なぶん、高い耐久性を持っています。

 1液塗料は塗膜が固くなりにくいため、耐久性が2液より約3年程度低い傾向があります。金属など表面が滑らかで硬い素材への塗装には、あまり適していない製品が多いというデメリットもあります。

 2液塗料は、1液塗料より強力な硬化剤を使用直前に混ぜることで、固まるスピードを速めて塗膜(乾燥後の塗料の膜)をより強固にすることができます。

 塗膜が固くなれば、外部からの刺激に強く、素材ともしっかり密着するため、1液に比べて耐久性が3年程度上がります。



重機のマスキングとは


 近頃DIYでも重機の塗装が人気ですが、塗りたい部分以外に塗装が付かないようマスキングテープを貼って、それぞれを区分けするための作業用に使われます。

 このマスキング作業で可動部やゴムホースなど塗ってはいけない場所や、劣化を促進させてしまう場所などをしっかりと隠して、塗料内の溶剤の侵蝕から当該箇所を守りながら塗装作業を進めることで正しい仕上がりとなります。


           ↑ 塗装作業の様子

           シリンダーロッドやシールに塗料が付かないよう、ビニールやマスキングテープで隙間なく養生してから塗装します。




サフェーサー処理とは

 グレーの塗装はサフェーサーと言い、仕上げ面研ぎ上げの向上・塗面均一化・塗装の定着・発色をよく保つために処理される工程になります。

※これは通常作業中に工場を訪れ撮影したもので撮影用に準備したものではありません!


            二度塗りを行い仕上げていきます。  正直ここまでの作業を行う会社は日本中探してもまずありません・・
            ※こんな面倒くさく費用の掛かってしまう作業・・・(笑)



 例えば数年後に手放すことになった時も、状態の良い塗装面は高評価を受けやすく、リセール時の査定も高くつくことが多いです。実際仕入れ時にも影響しています。

 このように、通常では重機メーカーさんの板金塗装の時でもここまでしないと言われるほどの工程を踏むのは、しっかりとしたルートから自信を持って仕入れをした機械に、再び新車のような気持ちで乗って大切に使ってもらいたいからです。



塗装の常識を覆したい!!


 重機の塗装はこんなもんだろ、いい加減な塗装でもしょうがない・・・ こんな常識を覆したい!
 良いものを安くお得(オトク)に使ってもらいたい!

 こんな気持ちが中古重機・建機業界の塗装にトクワールドが風穴を開けたのではないかと思います。


 百聞は一見に如かず!です。
 最近では日本全国、はたまた海外からもお問い合わせをいただける時代になりましたが、やはりお安い買い物では御座いません。 
せっかく日本国内にお住まいなのであれば是非一度足をお運びいただき実際の機械をご覧ください。
 当社で塗装を仕上げた機械を見にご来社いただき、それにご納得いただけず帰られたお客様は一組もありません。

 ご来社いただければ、入庫間もない機械・塗装ブース・メンテナンスブース・仕上がり機械の展示場など当社メンテナンス工場の全てをご覧いただけます。
 ここなら安心して任せられるな!
と思っていただける準備は整っております。


 [こちらをクリックしてトクワールド在庫ページへ]


 ※トクワールドでは国内に限らず海外での販売も行っており、修理・塗装済み建機の販売から、それらを行わない現状売りの商品もございます。

 塗装・メンテナンス予定の商品であっても、作業前であれば現状売りが可能ですので、ご質問等ございましたら、気兼ねなくご相談ください。



仕入した機械に行われていた、ただ塗っただけのごまかし塗装例



           動くゴムホースはバリバリとすぐに割れてきます・・・・



           下地未処理は洗車だけでもペラペラと・・・



           本来塗られていないところにただ塗ってしまうと上のように・・・



           腐食した部分を隠すように塗られたマフラーエンド・・・

記事一覧へ

RECOMMENDおすすめ記事

  • 建機とは??何なのかご存知でしょうか??
    建機

    建機とは??何なのかご存知でしょうか??

    建機と重機の違い…わかりますか??重機を取り扱っている会社に身を置いていると、 「建機」と言うお客様と「重機」というお客様がいらっしゃいます。 どちらで発音しても同じ意味にはなるのですが、どのように使い分けるべきなのでしょうか。 今回は「建機」の歴史を詳しく追いながら 「重機」と、どう違うのか見ていきたいと思います。 建機・重機とは・建機とは 建機とは「建築機械」の略で、 土木・建設工事などの作業に使用される作業機械全般のことをいいます。 大きさも機能も様々で、自走する車両だけでなく、大型の固定式機械や手持ちの小型機械も含まれます。 ・重機とは 重機は、土木・建設工事などに使用される動力機械です。 自走する車両で、オペレーターが乗り込んで操作するのが一般的です。 ディーゼルエンジンで動くものが多く、足元が無限軌道になっているものもあります。 ・ざっくり分けると… 土木・建設現場等で使用される固定式機械は「建機」 土木・建設現場で使用される自走式の車両や無限軌道のものが「重機」 ということになります。 ここからは「建機」について実際の歴史を追っていきたいと思います。 建機の歴史建設機械とは建設用の道具が進化したものです。 古くから存在はしていましたが、今で言う「機械」という感じになるのは18世紀の蒸気機関の発明以降になります。 建設機械の歴史は紀元前3500年ごろまでに遡ります。 メソポタミアでは農地に外部から水を供給する灌漑(かんがい)工事が始まっています。 しかし、機械としての原型となり始めるのは16世紀頃からで、 海底の土砂を掬い上げ、掘り下げる浚渫(しゅんせつ)工事用の機械が考案されます。 このころから大掛りな装置になっていきますが。動力はまだ馬や人に頼んでいました。 前回のブログでも取り上げた、最初の機械動力となる蒸気機関は 17 世紀末に鉱山用の揚水ポンプとして生まれました。 さらに、1781年にワットの蒸気機関が発明され、あらゆる機械に利用されるようになりました。 18世紀末には浚渫機械の動力として蒸気機関が利用され、 19 世紀に入り小型高圧力の蒸気機関が開発されると、陸上建設機械に利用されるようになり、蒸気クレーン、蒸気掘削機等が登場してきます。 その後、内燃機関の発明によって建設機械はさらに進化し現代につながります。 現在では、自動化・情報化を機会に取り入れようとする新しい革命が始まっています。 バケットラダーエキスカベータバケットラダー式掘削機は、1734 年に馬力を利用した浚渫用がアムステルダムで出現しました。 1860年代に入ると、蒸気バケットラダー浚渫船が普及します。 初の全旋回ショベルは、1884年にマンチェスタ運河工事に利用されました。 その一方で、陸上では1860年になって実用化され始めます。 日本では、明治3年にバケットラダー式浚渫船が輸入され、安治川の浚渫に利用されました。 ラダーエキスカベータは明治30年の淀川改修工事利用され、 軌道トロッコと合わせて定番機械として昭和30年まで活躍することになります。 ショベル系掘削機実は1500年頃、水路工事に従事したレオナルド・ダ・ ヴィンチが運河掘削機を考案しています。 最初の蒸気ショベルは、1838年に開発、蒸気クラムシェルは、1896年に2本チェーン式のものが開発されます。 初の電気ショベルは1903年に開発され、1912年に初のクローラ式パワーショベルが生まれました。 以降、各国でガソリンエンジン式ショベルの開発が進み 日本には、1961年に新三菱重工が国産化を行いました。 海外からの技術導入を行ったため、有名な話ではありますが商標である「ユンボ」がバックホーの代名詞となりました。 因みにユンボは子象の愛称だそうで、ジャンボ (大象)のユンボ(小象)の意味だそうです。 トラクタトラクタは、1859年に農業用移動式蒸気機関に減速機を搭載し、 チェイン駆動で自走式に改良、1862~63年に製品化されます。 クローラ式トラクタは、実機が1869年に初めて製造されます。 1904年には、Holt社(Caterpillar社の前身)が車輪をクローラに変更し現在でも馴染み深いキャタピラーが生まれました。 まとめ現在利用している建機はメソポタミアから始まり、様々な進化を経て世の中の役にたっていることがわかりました。 自走式についての転機は、やはりキャタピラー社が開発したクローラでしょう。 現在では包括的に「キャタピラー」と呼ばれているクローラですが、現代まで技術が引き継がれ、今日においても大活躍しています。 ここまでの歴史を見てきた結果、一般的に「建機」と呼ばれている大型の機械からどんどん小型化し「重機」となったことが伺えます。 そのため、「建機」の方が広い範囲を指している言葉で、 「重機」はその言葉の中に含まれると考えても差し支えないでしょう。 ただ実際には、あまり区別せずに使っている場合が多いため雑学程度に留めておくといいのかもしれませんね。 ※参考文献 history.pdf (yamazaki.co.jp) ←【中古建機・重機】の事なら何でもトクワールドにお任せ下さい!

    2021/12/28

    364

  • 道路工事|道路・舗装工事はどうやって作られる?活躍する重機・建設機械とは?
    建機

    道路工事|道路・舗装工事はどうやって作られる?活躍する重機・建設機械とは?

    目次 1.道路・舗装工事とは 2.道路工事の種類 3.舗装工事とは 4.舗装道路の種類 5.舗装の構造 6.舗装の手順 7.道路・舗装工事で関連する重機 まとめ|道路・舗装工事はどうやって作られる?活躍する重機・建設機械とは? 1.道路・舗装工事とは 道路で行われる工事は、『占用工事・承認工事・道路工事』の大きく3つに分けられ、これらを総称して路上工事と言います。例を挙げると、道路に配管や線などを新たに新設する場合は「新設工事」、老朽化した設備を更新する「更新工事」などが該当します。 道路工事の目的は以下の通りです。 1-1.占用工事 占用工事とは、水道、下水道、ガス、電気、通信事業者といった業者が占有して行う工事のことです。これらの工事を実施するには、「道路占用許可」を得る必要があり、他にも「供給工事」と呼ばれるものもあります。 1-2.承認工事 個人が道路管理者の承認を得て行う工事を承認工事といいます。「自費工事」とも呼ばれ、基本的に工事は自己負担で行われることが多いです。 承認工事を行う例としては、自宅の敷地に車が乗り入れやすくするために、歩道との段差を無くしたり、ガードレールの撤去や街路樹を移設するようなケースが挙げられます。 1-3.道路工事 各都道府県の道路管理者が行っている工事のことで、新設工事、改良工事、維持・修繕工事の3種類があります。 2.道路工事の種類 道路工事の種類は3種類あります。 2-1.新設工事 新規で道路を作る工事のことです。 2-2.改良工事 高齢者や障害を抱えた人が快適に生活できるように改善、整備し、バリアフリー化を行う工事のことを改良工事と言います。 また、道幅が狭かったり、見通しの悪い道路を改善することを目的に道幅を拡張する幅広工事も含まれます。 2-3.維持・補修工事 老朽化した道路のアスファルトのメンテナンスや、標識、ガードレールなどを新しく取り替えるなどといった、道路の維持・補修を目的とした工事のことを言います。 近年は地震への備えとして、震災対策として橋梁の耐震化工事や、一部の占用物については耐震性のある配管への更新工事なども行われています。 また、都市部では、台風などで大雨が降った場合、下水管に大量の排水が流れ込み内水氾濫等の水害に発展することも多いため、豪雨時の対策工事も行われています。 このほかに、未舗装の道路をアスファルトなどで舗装する舗装工事というものがあります。 3.舗装工事とは 舗装工事は路面下の地盤をいくつかの層にわたって締固めることによって、自動車の荷重などに対する耐力を維持し、表面をアスファルトやコンクリートで敷き固める工事です。 これにより、歩行者や自動車が安全かつスムーズに通行することが可能になります。 道路下に上下水道やガス管などを設置するだけではなく、街並みの景観を美しく保つことや、自動車以外にも直射日光や雨、雪などにも晒されるため、劣化損傷しにくい耐久性能も求められます。 舗装工事は主に以下で行われています。 公道 国道・県道・一般道・高速道路 私道 民有地内の道路 駐車場 公共施設や民間施設の駐車場、住宅の駐車場 整備を要する土地 ぬかるみ・水たまり・雑草防止を要する土地 4.舗装道路の種類 舗装道路には「アスファルト舗装」、「コンクリート舗装」、「特殊舗装」の3種類があり、それぞれにメリット、デメリットが存在します。 それでは、以下で詳しく説明していきます。 4-1.アスファルト舗装 アスファルト舗装には「天然アスファルト」と「石油アスファルト」の2種類があります。 日本で天然アスファルトはほとんど採掘できないため、石油を蒸留して作られる石油アスファルトが一般的に使用されています。 このアスファルトには砕石・砂などの骨材が混ざられており、それを加熱して道路基礎の上に敷き慣らしてローラー転圧をして舗装します。 アスファルト舗装のメリットは、工期が短いうえに、工事費用が安く経済的であること。防水性、透水性、静音性、走行性において優れている点が挙げられます。 しかし、耐熱性や耐久性には劣るので、直射日光により路面温度が高温になりやすいことや定期的な補修が必要になる点がデメリットです。 4-2.コンクリート舗装 コンクリート舗装は、セメント・砂・砂利などを練り合わせて作られたコンクリートによって舗装されます。 一般的なコンクリートは圧縮強度で管理されるのに対し、コンクリート舗装に作用する主な応力が曲げ応力であることから、曲げ強度を基準として管理されています。 コンクリート舗装は、アスファルト舗装に対して耐久性、耐熱性に優れます。施工後50年を超えたコンクリート舗装道路が現在まで使われている例もありますし、直射日光を浴びても路面の表面温度が夏でも上がりにくいです。 このメリットから、コンクリート舗装は補修工事が難しいトンネル内や急な坂道などで利用されるケースが多い傾向にあります。 特に名古屋市はコンクリート舗装の普及率が約3割路かなり高いです。車で走っていると名古屋の中心部はコンクリート舗装が多いことに気付くでしょう。 しかし、コンクリート舗装は大掛かりな機器が必要で、コンクリートが固まるまでの時間がアスファルトと比べて長いことからも、施工には手間がかかります。そのため工期が長く、費用はアスファルト舗装よりも高いです。 またアスファルト舗装は耐久性が高い分作り直しをするのが難しいため、追加工事が困難といったデメリットもあります。 4-3.特殊舗装 特殊舗装は、道路や敷地の目的に沿って表面を特殊な舗装にすることです。 例としてアスファルト混合物に顔料を混入して敷き均し、表面の色を変える着色舗装や、舗装面に降った雨などの水が、舗装面から基礎へ浸透して表面に水が溜まらないようにする排水性舗装などがあります。 5.舗装の構造 舗装は大きく分けると「表層」、「基層」、「路盤」、「路床」の4層構造で出来ています。 私たちが普段見ている舗装は表層のアスファルト仕上げ部分です。その下には基層という同じアスファルトの層があり、さらにその下には路盤というセメント・石灰などを含んだ砕石の層が上層と下層の2層あります。 そして最下部には路床という土でできた層があります。 6.舗装の手順 舗装構造の4層にはそれぞれに役割があり、各層ごとの施工手順が確立されています。また、作業に応じた舗装工事用機械も用いられます。 6-1.路床の施工 路床は土で出来ています。路盤作りはまず、「ブルドーザー」や「モーターグレーダー」などの建設機械を使って地盤を平坦に成形することから始めます。 その後、タイヤローラーやロードローラーで整地した地盤を締め固めます。これは、上を通る自動車などの重量により路盤が沈下しないように底の部分を固めていく重要な作業です。 厚さ1m以上にもなる路床には、表層の高さ調整や角層の厚み確保のために以下の施工方法が取られます。 切土路床 既存地盤が高い場合に既存地盤を掘削する 盛度路床 既存地盤より低い場合に盛り度して整形する 置換え路床 置き換え材料や非凍上材料を敷きならす 6-2.路盤の施工 路盤の施工体制も路床の工法とほとんど変わりません。 ダンプトラックから降ろされた砕石をブルドーザーで祖ならしして仕上げのモータグレーダーで、所定の仕上がり厚が得られるまで均一に敷きならします。 敷きならし後、10〜12トンのロードローラーや8〜12トンのタイヤローラーなどで転圧して所定の密度が得られるまで締め固めます。 仮想路盤の一層仕上がり厚さの標準は20cm以下で上層路盤は15cm以下とされています。 6-3.基礎・表層の施工 基層と表層はアスファルト混合物により舗装によって作られます。 ダンプトラックで運搬されたアスファルト混合物を「アスファルトフィニッシャ」で敷きならし、「路床」や「路盤」と同じようにロードローラーやタイヤローラーで転圧して固めていきます。 7.道路・舗装工事で関連する重機 舗装工事で使用される代表的な建設機械・重機は以下の5つです。 1.ブルドーザー 2.モーターグレーダー 3.タイヤローラー 4.ロードローラー 5.アスファルトフニッシャー 7-1.ブルドーザー ブルドーザーは、トラクターの前面部に可動式の排土板(ブレード)が装備されていて、高い馬力とクローラー(キャタピラ)の推進力で、土を押しながら地面を整地するための建設機械です。 排土板の動きは自在で精度が高いため、敷きならす作業には適していますが、仕上げ精度は荒いので祖ならしの補助機械として主に使用されます。 ブルドーザーの主要な製作会社は、アメリカのキャタピラー社と日本の小松製作所の2社が世界市場をほぼ独占しています。 小型・中型機はキャタピラージャパンでも作られていますが、キャタピラー社製の大型機はアメリカから輸入しています。 特殊な機能を備えたブルドーザーとしては以下が挙げられます。 ドーザーシャベル ブレードの代わりにバケットを装備して土砂を盛ったりトラックに積み込んだりする。 ドリミングブルドーザー 芯両面使用可能なブレードを装備してバッグしながらも土砂を引き寄せることができる。 水陸両用ブルドーザー 浚渫工事や河川工場などで浚渫船の出入りが出来ない浅瀬や狭い水路などで作業することが可能。 7-2.モータグレーダー モーターグレーダーは、ホイール式走行の機械です。前後車輪の間に排土板がついており、スカリファイヤという描き起こし用の爪を装着できるようになっています。 機械を前進させながら路面の敷きならし、かきおこしを行い、整形していきます。ブルドーザーと比べて仕上げ精度が高いため、ブルドーザーが祖ならしした後の地面に使用します。 主要な製造会社はキャタピラー社ですが、大型機であるため日本ではそれほど目にすることはなく、国内では小松製作所がほとんどのシェアを占めています。 7-3.タイヤローラー タイヤローラーはロードローラー(締め固め用機械)のひとつで、空気入りタイヤが前後輪各3〜4個装備されており、機械の重量を利用して地面に圧力をかけて締め固めを行う機械です。 前輪が走行輪、後輪が駆動輪になっているのが一般的で、動力伝達方式が機械式と油圧式があります。 主要な製造会社は酒井重工業、キャタピラージャパン、日立建機、コマツなどがあります。 7-4.ロードローラ 一般にロードローラーと呼ばれている機械はタイヤローラー式の他に、車輪を三輪車系に配置した「マカダム式」と車輪を前後に一輪ずつ配置した「タンデム式」があります。 動力伝達方式は機械式と油圧式で、駆動方式は片輪・両輪があります。 そのほかでは、以下の方法があります。 ハンドガイド式 一方に締め固め輪として鉄輪を持ち、他方にタイヤを左右一列に配置したもの コンバイン式 芯金から次の芯金までの距離 振動式 機械の自重の他に鉄輪や機体に起振装置を取り付けその起振力で締め固める 7-5.アスファルトフィニッシャー アスファルトフィニッシャーは自走式の機械で、アスファルト混合物を貯めるホッパと原動機、走行装置を有するトラクター部、アスファルト混合物を敷きならすスクリードで構成されています。 ダンプトラックで運搬されたアスファルト混合物は、車両前方にあるホッパに貯めます。そして、ホッパの底にあるバーフィーダーで後方のスクリード手前まで送り、スクリューでアスファルト混合物を左右に広げてスクリードで敷きならしていきます。 敷きならしの際にはスクリード底板はバーナーなどで一定以上の温度に加熱しておき、スクリードの角度を変化させてアスファルトの量を増減させて敷きならす厚みを変えたりします。 主な製作メーカーは海外では、フェーゲル、ボルボで、国内では住友重機、範多機械があります。 まとめ|道路・舗装工事はどうやって作られる?活躍する重機・建設機械とは? 道路工事|まとめ 道路工事は路上工事のひとつで、路盤工事には4つの工程があること。それぞれの作業工程において、適材適所に「ブルドーザー」、「モーターグレーダー」、「ロードローラー」、「アスファルトフィニッシャー」などの建設機械・重機が使われていることなどを解説しました。 日本製の路盤工事用機械はアメリカと並んで世界一を誇るメーカーがいくつも存在し、それらに機械に支えられて、日本の路盤工事の施工品質は世界トップレベルを維持しています。 普段何気なく車で走行している道路ですが、地形、地盤、環境などさまざまなことが考慮されて作られています。 近年は作業員や機械を運転・操作するオペレーターの人の数が減少しています。建設会社に入社する前、入社後にはこの記事で紹介した建設機械の資格を持っておくと、会社からも高い評価を受けることができるでしょう。

    2022/12/21

    771

  • 「重機の歴史とこれから」をざっくり解説!!!
    建機

    「重機の歴史とこれから」をざっくり解説!!!

    ◆重機の歴史とこれから…知っていますか??現代社会において、普段何気なく私たちがお世話になっている「重機」 皆さんはこの現代社会の「功労者たち」について、どのように発展を遂げ、これからどうなっていくと思いますか? 近い将来、「功労者」を動かすのには人の手は必要ないのかもしれません。 もしそうなったら、現場での事故率減少や人員コスト削減・生産性向上など良いことだらけですね! (重機を操作できないのは寂しいですが…) 今回はそんな「重機」についての歴史とこれからについて、ざっくり解説していきます! ◆人から道具、そして機械へ(古代エジプト~19世紀まで)古代から人類は文明を発展させる中で様々な「道具」を発明してきましたが 実は古代エジプトからそれらの「発明品」を用いて農耕作業が始まりました。 もちろん電力や蒸気などの動力は認知されていない時代であるため、 大きな道具を利用する際は「身近な動物」たちの助けを借りて動力として利用してきました。 18世紀半ばになると、イギリスのJ・ワットが回転方式を採用した「蒸気機関」を開発します。 18世紀半ばといえばイギリス産業革命が始まった時代ですね。 もちろんJ・ワットの「偉大なる発明」はこの産業革命に利用されます。 さらに、19世紀末にかけてガソリン機関やディーゼル機関も発明されのちに 重機の動力源として利用されていきます◆日本での重機の登場・普及20世紀半ばから日本でも重機が登場します。 1930年代前半には、ヤンマーの創始者「山岡孫吉」が世界で初めてのディーゼルエンジンの小型化に成功します。 それ以前にも重機は登場し始めていましたが、山岡氏の功績は産業界に大きな影響を与えます。 ◆現代で活躍している「重機」たち数々の功績の下で進化していった重機たちですが、現代ではどんな用途で活躍しているのでしょうか。 例えば「一般土木機械」は土砂の移動や土木工事に用いられ、中型ブルドーザーや油圧ショベル・ホイールローダ等が該当します。 「重機」と一括りにしてもその中で様々なカテゴリに分けられるため紹介してもしきれませんが、一部を表形式でご紹介します。 カテゴリ 機械例 一般土木機械 ブルドーザー・油圧ショベル(ユンボ)・ホイールローダ等 小型建設機械 ミニショベル(ミニユンボ)・スキッドステアローダ等 鉱山機械 鉱山機械 大型油圧ショベル(大型ユンボ)・鉱山用ダンプ等 道路機械 アスファルトフィニッシャ等 ◆世界最大・最小級の油圧ショベル(ユンボ)とは先にご紹介した表の中でも油圧ショベル(ユンボ)は街中で見かける機会が多く親しみもあるでしょう。 土木・建設・解体でも多く用いられるこの機械は先端部分のアタッチメントを付け替えることでそれぞれの役割をはたします。 解体ではブレーカーや圧砕機などのアタッチメントが有名ですね。 そんな油圧ショベル(ユンボ)の世界最大・最小の大きさを誇る型式をご存じでしょうか。・世界最大級のユンボ 世界「最大級」のユンボはズバリ「PC8000」、コマツが開発しています。 重量はなんと685トン、3730馬力を誇ります。 運転席の高さは8.45メートルで、これはビル3階程度の高さです。 バケットの大きさは42m3で、一回の採掘で風呂桶約117杯分もの土砂が採掘可能です。 規格外の大きさですね!筆者も一度でいいから乗ってみたいものです!(運転は怖いですが…笑) ・世界最小級のユンボ そんな最大級の採掘機と対をなす、「最小級」の油圧ショベル(ユンボ)は一体何でしょうか。 ズバリ「PC01」です。こちらもコマツが開発しています。 全幅は580mmでまさに人の肩幅程度しかありません。 重量は300kgと、乗用車よりも遥かに軽いですね! バケットの大きさは0.008m3、庭や別荘の手入れに最適ですね。 この大きさであれば筆者も運転できそうです!(ビビりなのでこれくらいが丁度いいですね…!) ◆様々な重機と未来の重機ここまで重機そのものの歴史や、最大級・最小級の油圧ショベル(ユンボ)について ご紹介してきましたが、すべて有人であり、ディーゼルエンジンを使用しています。 では、未来の重機はどうなっているのでしょうか。 どんなものが活躍していると思いますか? ◆未来の建設重機・未来の重機は無人? 現在は有人にて重機を操作していますが、未来の重機は無人が基本になります。 現地には人がほとんどいない状態になりますので、労働災害などが減少します。 代わりにロボットや無人重機が現場に出ることになりますので、これらをコントロールする人は遠隔で離れた場所から現場に携わることになります。 現場の状況は?どう確認するの?そんな疑問が生まれるかもしれません。 これは仮想現実がカバーしてくれます。所謂VRというものです。 こうしてあたかも自分が現場にいるかのように立ち回ることができ、関係者とオンラインで会議することで円滑に作業を進めることも可能です。 ・未来の重機のエンジンの方式は? 現在はディーゼルエンジンを使用していますが、未来は電気或いは水素に成るかもしれません。 電気は現在でも一部普及し始めていますしね。 こうすることによって、ランニングコストが削減できるほか、環境にも配慮した現場の実現が可能です。 ◆まとめ重機の歴史とこれからについて、お話をさせていただきましたがいかがでしたでしょうか。 いつか来る未来のために日々、様々なことを勉強していかなければならないですが 作業効率、環境、社会のために重機たちは今日も進化し続けています。 弊社でも、その未来のために日々精進してまいります。 ご拝読ありがとうございました。 ←【中古重機・建機】の事なら何でもトクワールドにお任せ下さい!

    2021/12/15

    456

他の記事をみる

OFFICIAL SNS公式SNS

youtube YouTubeトクワールドYoutubeチャンネル

愛知県春日井市の中古重機・建機専門店「株式会社トクワールド(TOKU WORLD)」のYouTubeチャンネルです! 主に自社在庫の機械やアタッチメントの動作確認の動画を中心に、多数アップしておりますので是非チャンネル登録をお願い致します!

ページの先頭へ