中古建設機械情報・ニュース【トクワールド】のフォークリフトのトヨタを含む主要4メーカーの価格と免許取得の情報

中古重機買取 新車建機販売 建設機械 ユンボ ホイールローダー ブルドーザー トラック ラフタークレーン フォークリフト 環境機械 新品中古アタッチメント・パーツ 修理・輸出・リース 東海地区No.1

  1. TOP
  2. BLOG
  3. フォークリフト
  4. フォークリフトのトヨタを含む主要4メーカーの価格と免許取得の情報
フォークリフトのトヨタを含む主要4メーカーの価格と免許取得の情報

フォークリフト

2023/03/09

12,914

フォークリフトのトヨタを含む主要4メーカーの価格と免許取得の情報

「フォークリフトの価格相場を詳しく知りたい」
「フォークリフトの各メーカーの特徴は?」
「フォークリフトの免許の取り方や費用は?」

フォークリフトを導入しようとするとき、いろいろな視点から検討します。

新車と中古車ではどちらのコスパが良いのか、オークションは安いと聞くが購入前に実際の製品の確認はできるのかなどを考えるはずです。

現在、フォークリフトは、新車・中古車の販売店、オークションでの購入が一般的です。いずれにしろ第一に着目するのは価格でしょう。

この記事では、購入方法ごとの価格相場をWeb上で調査し、メーカーごとに紹介しています。

また、フォークリフト各メーカーの特徴や運転・操作に必要な資格についても説明していますので、ぜひ参考にしてください。

また、今回ご紹介しております、価格は2023年3月9日現在の価格となっております。(当社調べ)

価格は、あくまで概算としてお考え下さい。

フォークリフト主要4メーカーの特徴とシェア

国内のフォークリフト主要4メーカーの特徴とシェアについて紹介します。主要4メーカーとは、トヨタL&F、三菱ロジネクスト、小松製作所、住友ナコフォークリフトの4社です。

株式会社豊田自動織機(トヨタL&F)

豊田自動織機(トヨタL&F)はフォークリフトの国内シェアで、1966年から連続して1位となっています。現在、世界シェアでも1位を獲得してますが、ドイツ大手のKion社と世界首位を争っているのが現状です。

積極的に海外のフォークリフトメーカーを買収していて、カスケード社(アメリカ)
タイリフト(台湾)、ファンダランデ(オランダ)などが子会社となりました。

豊田自動織機は、1926年にG型自動織機の製造・販売を目的に設立されました。その後、繊維機械、自動車部品、産業車両全般、エレクトロニクスと事業領域の拡大を続けてきたのです。

トヨタL&F(ロジスティクス&フォークリフト)の歴史は、1960年のトヨタ初の社内カンパニーとなる産業車両専門販売店設立に始まります。また1986年には物流システムの販売も開始しています。

フォークリフトの国内シェアが順調に伸びていく過程で、販売部門がトヨタ自動車のL&F事業部門となった時期もありました。しかし現在は販売部門の譲渡を受け、製造・販売の統合を遂げています。

2018年フォークリフト年間販売シェア50%超を達成、2022年にはフォークリフト国内販売台数56年連続No.1を達成しています。

三菱ロジネクスト株式会社

三菱ロジネクストの国内シェアは2位、世界シェアは5位です。

国内の伝統ある物流機器メーカー4社が前身で、独自に培ってきた多様な技術や販売網を融合し継承しています。

2013年に日輸と三菱重工業がニチユ三菱フォークリフトとなり、同じく2013年にTCMと日産フォークリフトがユニキャリアへ生まれ変わりました。

そして2017年10月にこの二つが経営統合して発足したのが三菱ロジネクストです。

ニチユはバッテリーフォークリフトを日本で初めて開発・販売し、おもに国内とアジア圏を中心に展開していました。三菱重工はエンジンフォークリフトに強みがあり、北米や欧州などの海外市場を中心に幅広いニーズに応えていました。

1949年に国産初のエンジンフォークリフトを製造したTCMは大型特殊荷役車両に優位性を持ち、自動車技術を活かした技術開発で確固たる位置にあった日産フォークリフトと統合しています。

株式会社小松製作所

小松製作所は、国内シェア3位、世界シェア11位のフォークリフトメーカーです。建機の技術をベースにした電子制御と環境性能、操作性の高さに定評があります。

1917年に竹内鉱業が小松鉄工所を開設して、自社用工作機械や鉱山用機械の生産を開始したことを小松製作所の創業としています。1921年には竹内鉱業より分離、小松製作所が誕生しました。

土木・解体・産廃・リサイクルに使用される建設機械を中心に、農畜産・林業・採掘から物流まで幅広い産業機械を製造しています。1953年、フォークリフトの生産を開始、その後多角的に海外にも進出しています。

近年バッテリーフォークリフトに注力、電子制御部品の自社製造・開発に強みを持っているのが大きな特徴です。

住友ナコフォークリフト株式会社

住友ナコフォークリフトの親会社(共同出資)は、住友重機械工業と米国のハイスター・エール・グループです。住友重機械工業は各種産業機械の総合メーカーであり、ハイスター・エールは世界屈指のフォークリフトメーカーです。

フォークリフト及び物流機器の販売・リース・中古車販売、修理やアフターメンテナンスまでを事業内容としています。グループ会社として、住友ナコフォークリフト販売会社を設立、工場直結でユーザーのニーズに応える体制を目指しています。

住友ナコフォークリフトのシェアは国内4位です。

リチウムイオンと鉛バッテリーのデュアル電源車両が特徴的で、アメリカ製品の持つ頑丈さも魅力的です。

フォークリフトの価格を決める3つのポイント

フォークリフトの価格を決めるポイントは、動力方式、リーチとカウンター、最大荷重の3つです。それぞれについて紹介しましょう。

フォークリフトの動力方式

フォークリフトを動かすために必要な動力には、エンジン式とバッテリー式があります。

エンジン式は、ガソリン、ディーゼル、LPGを燃料として動かすフォークリフトです。パワーがあり重量物の荷役作業に向いています。

ただ燃料を消費して動くため排気ガスを発生させます。屋内や狭い場所での使用には向いていません。

バッテリー式は充電した電力で動くフォークリフトです。排気ガスは発生させませんが、エンジン式に比べるとパワーは劣ってしまいます。

またバッテリーは消耗品なので一定期間で交換する必要があり、バッテリー本体に交換の手間もプラスされて費用は高額になります。

フォークリフト本体の価格はバッテリー式のほうが1割程度高くなります。年間コストでは、燃料費の関係でエンジン式が5割から10割程度、バッテリー式より高くなるというのが一般的な相場です。

しかしこれにバッテリー交換が加わるとコストは大幅に変わります。たとえば1.5t用のバッテリーは100万円前後します。

エンジン式とバッテリー式どちらにするかは、価格よりも使用条件で選ぶことが多いです。

フォークリフトのリーチとカウンター

フォークリフトを機能面で分けると、大きくリーチ式とカウンター式の2種類になります。

リーチ式フォークリフトのオペレーターは立って操縦し、車体をハンドルではなく手元のレバーで動かします。小回りが利いて、屋内の安定した床面の狭い場所での使用に適しているフォークリフトです。

動力は、排気ガスが出ないバッテリー式のものが多く、工場や倉庫などで比較的軽量の荷物の取り扱いで使用されます。

カウンター式フォークリフトは、着座式でハンドルを操作して作業します。後方部の鉄のウェイトで車体のバランスをとり、前面のフォークを、荷物を載せたパレットに差し込んで作業するのが一般的です。

カウンター式は乗用車の運転に近い操作性がありますが、後輪操舵なのでハンドルの旋回方向と車両の動きが逆になるので注意が必要です。

動力はエンジン式が多くパワーがあり、屋内外を問わず重量物の荷役作業を長時間こなすことができます。

同程度の大きさであれば、価格はリーチ式のほうが1割から2割程度高いです。

フォークリフトの最大荷重

フォークリフトの最大荷重は、価格の決め手となるポイントです。最大荷重はフォークリフトが荷役できる限界の重さのことで、0.5tから20t超まで幅広い規格があります。

最大荷重が1.5tであれば必ず1,500kgの荷物を運ぶことができるというわけではありません。最大荷重はあくまで基準荷重中心に対して積載できる最大の重さなので、荷重の中心位置によって最大荷重は変化します。

荷重中心とは、フォークに載せた荷物の中心位置から、フォークの根元までの距離のことです。

フォークリフトの荷役作業では、荷物の重さ、サイズ、荷重中心の3つを確認しながら行うことが重要です。

フォークリフトを選ぶときには、そのフォークリフトが主に荷役する荷物の種類、サイズ、重さを想定して許容荷重の範囲内に収まるものにすることが大切です。

フォークリフトの価格は、この最大荷重を目安に決められています。当然のことですが、同じ動力、同じ機能(リーチ又はカウンター)であれば、最大荷重が大きいほど価格は高くなります。

フォークリフト主要4メーカーの新車価格情報

フォークリフトの主要4メーカーは、新車の価格について多くの情報を公表していません。

理由は、新車であってもユーザーごとに使用条件や要望に合わせてオプションを付けたり仕様変更したりして、価格が変動しているためとしています。

ただ、2022年に各社が主力製品の価格改定をした際、新車価格を公表しましたので参考になると考え記載しました。

小松製作所は2019年に価格改定、2022年に10%値上げを発表していますので、その情報を織りこんで記載しています。

トヨタL&F

2022年10月17日改訂(国内向け)
(単位千円)

型式 荷重 価格
ディーゼル式カウンター型QENEO
02-8FD25 2.5t 5,056
バッテリー式カウンター型4輪gene B
8FB15 1.5t 3,894
バッテリー式カウンター型コンパクトEcore
8FBE15 1.5t 3,924
バッテリー式カウンター型Rinowa
8FBR15 1.5t 3,549

三菱ロジネクスト

2022年7月1日改訂(国内向け)
(単位千円)
型式 荷重 価格
バッテリー式リーチ型
FBR15 1.5t 3,139
バッテリー式カウンター型
FB15P 1.5t 3,345
ディーゼル式
FDE25P-T 2.5t 4,188

小松製作所

2019年4月1日改訂(国内向け)
2022年1月1日に平均10%の値上げを発表
(千円)

型式 荷重 価格
ガソリン式
FG25-17 2.5t 3,250
ディーゼル式
FH40-2 4.0t 8,440
バッテリー式カウンター型
FB15-12 1.5t 3,630
バッテリー式リーチ型
B15RL-15 1.5t 3,170

住友ナコフォークリフト

2022年10月1日改訂(国内向け)
(単位千円)
型式 荷重 価格
ディーゼル式カウンター型
11FD25PAXⅢ24D 2.5t 4,452
バッテリー式カウンター型QuaPro-B
41FB15PXⅢ 1.5t 3,609
バッテリー式リーチ型QuaPro-R
61FBR15SX 1.5t 3,316

フォークリフト主要4メーカーの中古車価格情報

フォークリフト主要4メーカーの中古車価格情報を紹介します。最大荷重は、売れ筋となっているサイズに絞り、価格の1万円未満は切り捨てています。

トヨタL&F

動力 型式 年式 最大荷重 機能 アワー 価格
ディーゼル 02-8FD25 2017年 2.5t カウンター 4,844hr 194万円
ガソリン 02-8FGL15 2017年 1.5t カウンター 3,126hr 103万円
ディーゼル 02-8FDL15 2012年 1.5t カウンター 2,275hr 112万円
バッテリー 8FB25 2017年 2.5t カウンター 2,324hr 197万円
バッテリー 7FBRS15 2012年 1.5t リーチ 2,954hr 122万円

※2017年式のディーゼル/カウンター2.5tは194万円です。新車価格情報では、同じクラスのディーゼル/カウンター2.5tは505万円です。

5年落ちで、61.6%OFFの価格になっています。

三菱ロジネクスト

動力 型式 年式 最大荷重 機能 アワー 価格
バッテリー FBT15PN- 2017年 1.5t カウンター 308hr 147万円
バッテリー FBRM15- 2017年 1.5t リーチ 2,314hr 174万円
バッテリー FB25PN-75 2009年 2.5t カウンター 9,433hr 127万円
ディーゼル FD25T13 2012年 2.5t カウンター 5,708hr 162万円

※2017年式のバッテリー/カウンター1.5tは147万円です。新車価格情報では、同じクラスのバッテリー/カウンター1.5tは334万円です。

こちらは、5年落ちで、55.9%OFFの価格になっています。

小松製作所

動力 型式 年式 最大荷重 機能 アワー 価格
ガソリン FG25C-16 2008年 2.5t カウンター 308hr 166万円
ガソリン FG15C-20 2005年 1.5t カウンター 1,245hr 88万円
ガソリン FG20C-16 2007年 2.0t カウンター 6,214hr 125万円
バッテリー FB20A-12 2014年 2.0t カウンター 4,766hr 156万円
バッテリー FB15RS-14 2008年 1.5t リーチ 10,621hr 57万円

※アワーメーター(稼働時間)が308時間(!)の2008年式、ガソリン/カウンター2.5tは166万円です。新車価格情報では同じクラスのガソリン/カウンター2.5t は325万円となっています。

こちらは、49%OFFの価格です。

住友ナコフォークリフト

動力 型式 年式 最大荷重 機能 アワー 価格
ディーゼル 11FD25PAX- 2016年 2.5t カウンター 2,573hr 175万円
バッテリー 41FB20PXIII 2017年 2.0t カウンター 812hr 180万円
ガソリン 11FG25PAX- 2018年 2.5t カウンター 2,316hr 180万円
ガソリン 13FG30PAX- 2015年 3.0t カウンター 5,042hr 175万円
ディーゼル 11FD20PAX- 2013年 2.0t カウンター 2,051hr 177万円

※2016年式のディーゼル/カウンター2.5tは175万円になっています。新車価格情報では同じクラスのディーゼル/カウンター2.5tが 445万円です。

比較的稼働時間が少ない6年前の同じクラスが60.6%OFFの価格となっています。

フォークリフト主要4メーカーのオークション価格情報

建設機械のオークションは、ヤフオク!の独壇場となっています。ヤフオク!で落札されたフォークリフト主要4メーカーのオークション価格を紹介します。

最近1カ月以内に落札された商品の価格情報です。詳細は公表されている情報のみの記載です。

また三菱ロジネクストについては、統合される以前のメーカーも含んでいます。

トヨタL&F

動力 型式 年式 最大荷重 機能 アワー 価格
ガソリン 5FGL25 - 2.5t カウンター 4,727hr 450,000円
ガソリン 5FGL15 - 1.5t カウンター 2,690hr 350,000円
ディーゼル 02-7FD40 2012年 3.3t カウンター - 2,838,000円
バッテリー 6FBRJ9 - 0.9t リーチ - 298,000円
ディーゼル 3FD80 - 8.0t カウンター 3,936hr 1,900,000円

三菱ロジネクスト

動力 型式 年式 最大荷重 機能 アワー 価格
バッテリー FBT2OPN- 2006年 2.0t カウンター 4.077hr 661,100円
ガソリン FVG15N15 - 1.5t カウンター - 300,000円
バッテリー FBRAW15 2000年 1.5t リーチ 32,233hr 80,000円
ガソリン NASH01- - 1.0t カウンター - 370,000円
ガソリン FVG25N - 2.5t カウンター - 316,000円

小松製作所

動力 型式 年式 最大荷重 機能 アワー 価格
ガソリン FG10-151.0 - 1.0t カウンター 917h 340,000円
ディーゼル FD25-11 - 2.5t カウンター 4,966h 710,000円
ガソリン FG15-15 - 1.5t カウンター - 250,000円
ガソリン FG20T-16 2005年 2.0t カウンター 1,752hr 790,000円
バッテリー FE25-1 2020年 2.1t カウンター 6hr 2,901,000円

住友ナコフォークリフト

動力 型式 年式 最大荷重 機能 アワー 価格
バッテリー 61FBR18- 2014年 1.8t リーチ 7,371hr 683,100円
バッテリー 8FBR15 2005年 1.5t リーチ - 330,000円
ガソリン FD25PXAI- 2015年 2.5t カウンター 2,263hr 1,300,000円
ガソリン 03-FG18P- - 1.8t - - 302,000円
ガソリン 11-FG20PV- 2004年 2.0t カウンター 3,650hr 580,000円

フォークリフトのレンタルの価格情報

フォークリフトの導入方法には、購入の他にレンタルがあります。レンタル料金は、メーカーの違いよりも最大荷重で価格表示されているのがほとんどです。

一般的にガソリン車よりもバッテリー車のほうが高い傾向にあります。

以下に、代表的なレンタル会社の価格表を記載しました。1日レンタルよりも1ヶ月レンタルのほうが大幅に割安になります。

1日レンタルは高めに設定して、月レンタルを他社より格安にしている会社がありました。レンタルを検討している方は参考にしてください。

価格はすべて税抜きです。運送費などの諸費用は別途見積となります。

A社
最大荷重 1日レンタル料金(円) 1ヶ月レンタル料金(円)
1.5t 9,000 108,000
2.0t 10,000 120,000
2.5t 11,000 132,000
3.0t 12,000 144,000
3.5t 13,000 156,000
4.0t 14,000 168,000

B社
最大荷重 1日レンタル料金(円) 1ヶ月レンタル料金(円)
1.5t 8,000 96,000
2.0t 9,000 112,000
2.5t 11,000 132,000
3.0t 13,000 152,000
3.5t 15,000 168,000
4.0t 20,000 230,000

C社
最大荷重 1日レンタル料金(円) 1ヶ月レンタル料金(円)
1.5t 10,000 50,000
2.0t 14,000 70,000
2.5t 14,000 70,000
3.0t 16,000 80,000
3.5t 16,000 80,000
4.0t 20,000 100,000

フォークリフトの運転には免許が必要!資格取得の費用は?

フォークリフトは物流倉庫や製造工場、建設現場などさまざまな場所で活躍していますが、運転には免許が必要です。

自動車の運転免許は道路交通法に基づいていますが、フォークリフトは労働衛生法がベースになっているので免許を取る方法については意外と知られていません。

ここではフォークリフトの免許について紹介します。

フォークリフトを運転する資格とは

近年の物流ニーズの高まりとともに、荷役作業に欠かすことができないフォークリフトの運転手の人気は右肩上がりです。

フォークリフトの運転は、特別な体力や腕力は必要とせず、一度取得すれば更新の必要はありません。そのため女性や高齢の方でも一定の能力さえあれば運転することができます。

公道を走る自動車は国土交通省、事業場内で使用することが多いフォークリフトは厚生労働省が管轄しています。資格の取得方法に違いがありますのでチェックしておきましょう。

フォークリフトを運転する資格の種類

フォークリフトを運転する資格は、扱う荷物の最大荷重が1t以上か1t未満かの違いで2種類あります。

最大荷重が1t以上のフォークリフトを運転するには「フォークリフト運転技能講習」を受講する必要があります。受講後の試験に合格すると修了証が交付されて運転資格の認定となるのです。

最大荷重が1t未満の場合では「フォークリフト運転特別教育」を終了することが必要です。こちらに試験はありません。

フォークリフトの運転技能講習と運転特別教育について、それぞれ詳しく説明します。


フォークリフトの運転技能講習

最大荷重が1t以上のフォークリフトを運転するには、「フォークリフト運転技能講習修了証」が必要です。この修了証は、厚生労働省管轄で労働安全衛生法に基づく国家資格です。

運転技能講習は、各自治体の労働局長の登録認可を受けた教習機関で行われます。

修了証の受領には、学科と実技の受講後、それぞれで実施される試験に両方合格しなければなりません。ただ国家資格の割に合格しやすいというのが一般的な評価となっています。

運転技能講習の学科では、以下の内容を学習します。

・フォークリフトの「走行」に関する装置の構造や取り扱い方法
・フォークリフトの「荷役」に関する装置の構造や取り扱い方法
・フォークリフトの運転に必要な力学に関する知識
・フォークリフトを運転する際に必要な関係法令について

実技教育は、フォークリフトの走行や荷役作業の実践を中心とした学習です。

受講科目は、保有している免許や資格で免除されるものがありますので事前に確認しておきましょう。


フォークリフトの運転特別教育

最大荷重1t未満のフォークリフトを運転するには、「フォークリフト運転特別教育」を修了することが必要です。

「フォークリフト運転特別教育」は原則として所属する事業者が主体となって行うものとされています。しかし実際は、登録認可を受けた教習機関で行われているのが現状です。

学科教育の講習内容は、運転技能講習とほぼ同様ですが、学習時間は大幅に短縮されます。実技教育は所属する各事業所で実施することができますが各教習機関でも可能です。

フォークリフト運転の資格取得にかかる費用

フォークリフト運転の資格取得にかかる費用は、運転技能講習と運転特別教育で違います。

また運転技能講習の受講費用は、受講するコースの時間(日数)で決まります。受講するコースは現在保有している資格及び業務経験で変わってくるので注意が必要です。

このコース区分は、各登録教習機関で違うのですが一般的なのは、11時間(2日)、31時間(4日)、35時間(5日)の3コースです。

以下に各コースの受講料(税込)をまとめました。

コース 日数 受講料(税込)テキスト代含む
11時間 2日 23,000円
31時間 4日 51,000円
35時間 5日 54,000円

コース区分や受講費用は、各地域、各登録教習機関で若干ですが違いがあるようです。また自分がどのコースを受講する必要があるかなどを事前に確認することをおすすめします。

フォークリフト運転特別教育(12時間)の受講費用は、通常16,000円(税込・テキスト代含む)となっています。受講費用は、各地域、各登録教習機関で違いがありますので直接確認するようにしましょう。

フォークリフトの受講費用で助成金を申請する方法

転職や再就職の際にフォークリフトの運転資格を取得しようという方も多いはずです。

そのときおすすめなのが、雇用保険給付制度の「教育訓練給付制度」の申請です。申請が受理されれば、フォークリフト運転技能講習にかかる費用を最大20%返金してもらえます。

厚生労働省が主管する教育訓練給付金制度は、雇用の安定や就職の促進を図ることを目的に設けられた制度です。働く人たちの能力開発やキャリア形成を支援します。

支援の対象となるのは、専門実践教育訓練、特定一般教育訓練、一般教育訓練の3つです。フォークリフト運転技能講習は、一般教育訓練に該当します。

申請資格として、受講開始日現在で雇用保険の被保険者であった期間が3年以上あることが必要です。初めて支給を受けるケースのみ1年以上でOKです。

教育訓練給付金の手続きは、本人の現住所を管轄するハローワーク窓口で行います。支給申請期限は教育訓練の修了証受領日の翌日から1カ月以内です。

同じ人が短期間に何回も申請することはできません。前回の訓練給付金の受給から3年以上経過していることが条件になります。

フォークリフトの価格|まとめ
この記事では、まず主要4メーカーの特徴やシェアを確認し、フォークリフトの価格を決めているポイントについて説明しました。

それからフォークリフトの新車と中古車、オークションの3つで、売れ筋の最大荷重の価格情報を主要4メーカーごとに記載しています。またレンタルの相場についても見ていただきました。

フォークリフトを導入し、運転・操作するのに必要な資格の取得方法や費用についても説明しています。

この記事の結論は、「フォークリフトは状態の良い中古車を購入し、点検・整備を確実に行いながら使用することが一番費用を抑えることができる」ということになります。

そのためには、フォークリフトの買取・販売のプロであり、点検・整備・塗装のエキスパートを抱える専門業者を取引先に持つことが重要であることは間違いありません。
今回ご紹介しております、価格は2023年3月9日現在の価格となっております。(当社調べ)

価格は、概算としてお考え下さい。いかなる不具合が起きても当社としては責任はとれませんのでご了承ください。あくまで自己判断でお願いします。

記事一覧へ

RECOMMENDおすすめ記事

  • フォークリフトは中古で購入するべき!ECサイトの一覧で在庫を確認!
    フォークリフト

    フォークリフトは中古で購入するべき!ECサイトの一覧で在庫を確認!

    目次 フォークリフトは、中古がオススメな訳は? フォークリフトは中古車で購入するべき理由 フォークリフトを中古で購入する際のポイント トクワールドのフォークリフトが選ばれる理由 トクワールドは全国どこでも中古建機・重機の買取OK まとめ|モーターグレーダーの中古価格・相場 フォークリフトは、中古がオススメな訳は? フォークリフトの導入を検討するとき、新車で買うか、中古車にするか、レンタルで済ませるかで迷うケースが多いと聞きます。 結論を先に申し上げますが、フォークリフトは中古で購入すべきです。 フォークリフトは、ダンプやトラック、建設機械などと同じように「現場で働く自動車」です。ハードな現場を長期でこなすには、車体の新しさよりも定期的なメンテナンスが重要です。 そのため、メンテナンスに重きをおく中古車専門会社からの購入がおすすめになります。 新車、中古車、レンタルそれぞれにメリットとデメリットがありますが、相対的に判断して中古車での購入が一番合理的であるというのが、この記事のスタンスです。 この記事では、まずフォークリフトを中古車で購入すべき理由と、購入時に覚えておいてほしいポイントをご紹介します。 この記事を最後まで読んでいただければ、フォークリフトは中古で購入すべきであることが分ったいただけるはずです。 フォークリフトは中古車で購入するべき理由 フォークリフトを新車で購入することをすすめする方の多くは、新車には保証があることを理由の一つにされています。しかし保証期間のほとんどは12ヶ月です。 今、メーカーの技術力は高いので、1年(12ヶ月)で故障や不具合が生じることは滅多にありません。なので、この保証期間はあまり意味がないことになります。 ここでは、フォークリフトは中古車で購入するべき理由を5つ紹介します。 1.フォークリフの中古は圧倒的に低価格 フォークリフトの中古は、新車と比較すると圧倒的な低価格です。 たとえば、人気のトヨタL&Fの2tバッテリーカウンター車(年式2017年)は、新車の販売価格は約310万円でした。サイドシフトフォーク付きで、フルフリー3段マスト仕様です。 それが現在は、150万円前後で流通しています。人気の車種でも、たったの4年で半額になってしまうのです。 2.新車は最初の数年で劇的に価格が低下 トヨタL&Fなど、フォークリフトのメーカーは新車の販売価格を公表していません。ただ販売会社の中には、実績として新車の販売価格を公表しているところがあります。 このような販売会社の新車価格と中古価格を比較すると、価格は4、5年で劇的に低下しています。半値は当たり前で6~7割落ちというのも珍しくありません。 適切なメンテナンスさえすれば新車同様に稼げるフォークリフトを、このような価格で購入できるのは中古市場のすごいところです。 3.新車に比べて中古車は納車が早い 新車は注文を受けてから生産するケースが多く、発注してから納車までに2ヶ月以上かかることもあります。それが中古車では平均3週間程度で納車されますから、新車に比べると大幅に早くなります。 ただ早さばかりに注力して、整備やクリーニングを手抜きするような会社は避けなければなりません。ですから中古車を購入する際には、自社の整備工場があって、修理や補修に力を入れていることをしっかり打ち出している会社を選ぶことが重要です。 4.使い慣れた旧モデルの入手が可能 新車を購入して困るのが、今まで使っていたものと操作方法に違いがあるときです。使っているうちに慣れるというのは間違いありませんが、慣れるまでの作業効率は下がってしまう可能性があります。 中古車であれば使い慣れた旧モデルと同じものを購入できます。同じモデルを中古車で買い替えれば、納車後すぐにこれまでと同じ要領で作業ができるので効率が悪くなるということはありません。 5.レンタルは繁忙期に在庫がない フォークリフトを日常的に使う物流や建設業などに関連する業種には繁忙期と閑散期があります。繁忙期にはどの会社も忙しいのでレンタルの需要は伸びるのですが、供給は年間通して一定であるため在庫がないということが起こります。 繁忙期と閑散期のバランスの見極めは難しいですが、忙しいときに十分な稼働ができないと売り上げに対する影響は大きいです。 フォークリフトを中古で購入する際のポイント フォークリフトの実用耐用年数は、エンジン式で10年前後、バッテリー式では5年前後が目安とされています。バッテリー式ではバッテリーを交換することで10年程度は使用できます。 しかし、フォークリフトを販売する実店舗、ネット店舗、ネットオークションを調査すると、荷役自動車(車両系荷役運搬機械等)のなかでも際立って寿命が長いことが分ります。 15年以上、80年代90年代につくられたものを見ることがあります。ポイントは、「フォークリフトの寿命はメンテナンスで延びる」ということです。 フォークリフトを中古で購入する際のポイントを紹介しますが、この「メンテナンス」がキーワードになることを覚えておいてください。 相場をリサーチして予算を組む フォークリフト購入のための予算を組む際に考えなければならないのが、フォークリフト本体価格、特定自主検査実施費用、フォークリフト納車費用の3つです。この3つについて相場をリサーチし予算を組む必要があります。 まず、フォークリフトの本体価格は、最大荷重や揚高、年式、動力、アワーメーターなどで決まります。車両の状態については、色や外見、キズなどの有無よりも機能面の劣化状況が重要です。 フォークリフトの特定自主検査費用は、検査を実施するフォークリフトの大きさで違ってきます。法律で義務付けられていますので、違反すると罰金が課せられます。 フォークリフトの納車費用に関しては、地域や販売会社によって変わりますので、事前に確認しておきましょう。 販売店のリサーチはまず広く浅く 都心部の販売店はもちろん、最近では地方の中古販売店でも全国展開している企業が多いです。つまり選択の幅は格段に広くなっていますから、まずは広く浅いリサーチを心がけましょう。 一から探すとなるとかなりの時間と労力を必要とするはずですが、参考にしたいのは中古販売会社としての実績と口コミ評価です。目先の価格の安さだけで絞り込むのはおすすめできません。 またネットオークションでは、実車確認というハードルがあります。そこをクリアできるかが利用する際のポイントとなるでしょう。 実車確認は素早く効率的にする 実車確認は素早く効率的に進めることをおすすめします。あらかじめ確認事項をリストアップし、担当者に質問したり試乗したりして確認するのがベストです。 自社で要望する車種で予算も折り合いがつく車両を見つけても、遠方過ぎて実車確認できないケースでは、当該車両の詳細な画像や撮影動画での確認が必要となります。 ファーストコンタクトとなる電話や問い合わせでの対応の良し悪しは、結局、取引全体の満足度とリンクすることが多いです。 年式とアワーメーターを確認する アワーメーターとは、フォークリフトのキーをオン状態にした時間を計測する計器のことです。フォークリフトでは、このアワーメーターが確認事項の大きなウェイトを占めます。 エンジン式フォークリフトではメーターが1万時間以下であれば使用頻度は高くないとされます。 年式(工場で製造された年月)はハンドル付近に取り付けられたプレートで確認してください。フォークリフトは、大抵のケースで、メンテナンスをきちんと行っていれば15年は持つとされています。 動力系統の確認は念入りに行う 特に念入りに確認してほしいのが動力系統です。動力系統は、エンジン式(ガソリン、ディーゼル)とバッテリー式があります。使用条件により違いはありますが、中古では動力が安定していて修理もしやすいガソリン車が無難とされています。 実際にエンジンをかけて走行しての異音やオイル漏れの有無の確認は必須となります。 修理・定期点検の記録を確認する 修理・定期点検の記録を確認することも忘れないでください。点検表(点検整備記録)をチェックする際のポイントを、年次と月次で分けて紹介します。 ・年次点検 原動機、動力伝達装置、走行装置、操縦装置、制動装置、荷役装置、油圧装置、電気系統、車体本体と付属装置 ・月次 制動装置、クラッチ及び操縦装置、荷役装置及び油圧装置、ヘッドガード及びバックレスト フォークリフトは、年次点検表と月次点検表を3年間保管しなければならないと定められています。長期で使用されていないフォークリフトは、定期自主点検の有効期限が過ぎている場合があるので注意が必要です。 トクワールドのフォークリフトが選ばれる理由 ここまで、フォークリフトは中古車で購入するべきとする理由と購入する際のポイントについて紹介しました。 それでは実際に購入するには、どの会社を選ぶべきでしょうか。それはズバリ、中古建設機械の買取・販売会社「トクワールド」です。 ユーザーに「お得(トク)」をもたらす、世界で一番の存在でありたいとして名付けられました。愛知県春日井市に本社があります。 ぜひ、トクワールドを選んでいただきたい理由をお伝えします。 メンテナンスのスキルが高い トクワールドは、本社ビルから少し離れた自社所有の敷地内にメンテナンス工場があり、その広さはなんと10,000㎡(!)以上です。 工場では、中古建設機械メンテナンスのエキスパートたちが、洗車・点検・整備・塗装を一貫して行っています。そのレベルは高く、多くのユーザーが新車と見違えるほどです。 実際の作業現場やブース、ヤードなどを見学することも可能です。スキルやクオリティーに自信があり、現場内の整理整頓も充分になされていなければ見学受け入れはしないでしょう。 自社工場で塗装・整備ができる トクワールドでは、搬入された中古機械は、いったんすべてメンテナンス工場に持ち込まれます。工場で一台一台丁寧に検品し、旧所有者の社名看板や車内外の情報関連は消去します。 メンテナンス工場には洗車の他、整備と塗装のブースがあり、それぞれ整備工場、塗装工場として稼働中です。他の作業に影響されることがないため、専門性の高いハイクオリティな作業が実践されています。 一元管理だから低価格で販売 点検・整備・塗装を一貫して行うことができるメリットは大きいです。本来であれば外注して費用がかさむものも、自社で作業できるので低価格での販売ができます。 また新品・中古アタッチメントの在庫が豊富にあるため、取り付けやカスタマイズが簡単にできて、ユーザーの要望に合わせた塗装も自社で可能です。 本社ビルと同じ敷地にある展示場では、自社メンテナンス工場で整備・塗装した重機や機械を試乗したり操作したりできます。 割賦やリース契約も可能である 中古機械業界には「現金決済」という商習慣がありましたが、トクワールドでは幅広いユーザーのニーズに応えるため、割賦やリース契約、クレジットカード、コンビニ払い(上限あり)が可能となっています。 また中古建設機械の買取・販売のプロとして、ユーザーの経営状況に合わせた支払い方法の提案もしてくれます。3~5年先を見据えたリアルな提案しています。 すべての対応がスピーディー トクワールドの評価が高い理由として、すべての対応がスピーディーであるということです。 サイトから問い合わせると、メールで機械の写真や仕様、車検証などの必要書類と価格が提示されます。もちろん、希望すれば現車確認も可能です。 そして正式な見積、契約、支払い、引き渡しまでが迅速、正確、丁寧に進んでいきます。各担当者が自分のポジションで何をすべきか十分にトレーニングしています。 時代性にマッチしてスピーディーであることが、ユーザーにとって「お得(トク)」になると考えているからです。 新着情報を素早く報告している トクワールドのコーポレートサイトは3つの柱から成っています。 ①重機買取・中古建機買取 https://toku-world.com/purchase/ ② 販売専用(ECサイト・公式オンラインショップ) https://toku-world.com/ ③ 在庫一覧(STOCK LIST) https://toku-world.com/list/ 特に、②の販売専用(ECサイト・公式オンラインショップ)では、新着情報やオススメ商品、人気ランキングなどを素早く更新して報告しているので是非チェックしてください。 常時1000台以上ある在庫(令和5年1月8日現在1305台)は種類別、カテゴリー別に分類され、見やすく探しやすい一覧表になっています。 気になっている車種や機械の在庫が見当たらない場合は、メールか電話で問い合わせしてください。想定以上の代替品を提案させていただきます。 トクワールドは全国どこでも中古建機・重機の買取OK トクワールドは、お買い得な中古建機・重機の販売で評価が高いうえに、高価買取にも定評があります。 高価買取を実現できている理由は3つ! 一貫管理システム|販売・買取だけでなく、整備・運送も自社で行える マーケティングシステム|国内・世界の顧客を結ぶ独自の管理システムがある ネットワークシステム|国内・世界の協力パートナーに査定依頼できる 以上の3つのシステム構築で大幅なコスト削減を実現し、その削減分で他社に負けない高価買取を実現しているのです。 トクワールドの買取について、説明します。 迅速で正確な対応がモットー トクワールドは、買取においても迅速で正確なスピード対応をモットーとしています。 買取りの申し込みから支払い・買取品引取りまで、たったの3ステップです。 1.全国どこからでも無料査定申し込みOK|電話・FAX・メール・LINE 2.トクワールドから概算価格のお知らせ、検品後に最終査定価格を提示 3.トクワールドから現金又は銀行振込で支払い、買取品の引取りも行う 査定は無料、引取り費用ももちろん無料です。 いかにスピーディーであるか、まずは査定申し込みをして確認されてみてはいかがでしょうか。 独自(海外)ルートで高価買取 日本の中古建機の評価は、世界的に非常に高いです。本体だけでなく、中古パーツとしての需要も高いものがあります。 トクワールドでは、独自の海外ルートを駆使してユーザーの建設機械を流通させるため、国内だけを相手にしている他社では真似できない高価査定価格を算出できます。これは大きなメリットです。 銀振又はその場で現金決済 支払いは、お客様のご要望に合わせて銀振又は現金決済など様々な方法で行います。 また、お客様の安心を第一に、買取・入庫後の看板消しや名義変更も責任をもって迅速に対応しています。 さまざまな機械・車両に対応 トクワールドでは、さまざまな機械・車両に対応しています。 特殊な機械は、重機・建機の専門店の強みが生かされるカテゴリーです。買取リストにない機械であっても、問い合わせてみる価値はあります。 故障・不動車でも買取の可能性があるので、機種や型式、アワーメーターなどの情報と実機の画像など状態がわかるものを準備して連絡してみましょう。 また、複数台を査定すると買取額がアップすることもあるので相談してみることをおすすめします。 フォークリフトは中古で購入|まとめ 中古建設機械・重機の販売・買取のプロフェッショナルであるトクワールドについて紹介しました。 改めて、この記事でお伝えしたかったポイントをまとめると以下のようになります。 フォークリフトは中古で購入すべき理由と購入時のポイント 中古建機・重機の販売でトクワールドが選ばれる理由 トクワールドは中古建機・重機の高価買取で評価が高い トクワールドは愛知県に本社を置く会社ですが、取引先は国内のみならず、世界規模となっています。 独自のシステム管理で効率化を図り、スピーディーで無駄のない対応は販売価格や買取価格に反映されユーザーの「お得」に貢献しています。 全国展開している中古建機・重機の販売・買取会社は数多いですが、ユーザーの「お得」を最優先し徹底したコスト削減を目指している点で確固たる存在感を示している会社だと言えるでしょう。 中古建設機械・重機の販売・買取の際には、ぜひ一度、相談や問い合わせをしてみることをおすすめします。 ←中古の【フォークリフト】を探すならトクワールド!

    2023/02/09

    367

  • 【フォークリフトの基礎知識】カウンター式、リーチ式とは?カテゴリーごとに違いやレンタル時の選び方について解説
    フォークリフト

    【フォークリフトの基礎知識】カウンター式、リーチ式とは?カテゴリーごとに違いやレンタル時の選び方について解説

    フォークリフトは2種類 フォークリフトには大きく分けて「カウンター式」と「リーチ式」の2種類があります。フォークリフトのレンタルを検討する際は、それぞれの特徴と使用環境、作業用途を考慮して機種を選定する必要があります。 例えば、カウンター式フォークリフトは「重い荷物を扱う荷役」、リーチ式フォークリフトは「室内や狭いスペースでの作業」に最適など、種類によって作業の向き不向きがあります。 ここからは、「カウンター式」「リーチ式」フォークリフトの違いについて詳しく解説し、実際のレンタル時にフォークリフトを選ぶ際のポイントについてご紹介していきます。 フォークリフトの導入、レンタルでの利用を検討している方は、ぜひ、機械選びのご参考にお役立てください。 「カウンター式」「リーチ式」フォークリフトの違いカウンター式フォークリフトの特徴 カウンター式フォークリフトは、自動車のように運転者が座席に座ってハンドルを操作するタイプのフォークリフトです。別名「カウンターウエイトバランスフォークリフト」とも言い、「カウンター」とは「反対」を意味します。 後部にある鉄の重り(ウェイト)で車体のバランスを取っており、これにより、車体前方のフォーク(爪)に重い荷物を載せても車体が前に傾かず、安定した状態で荷物を運ぶことができます。 カウンター式フォークリフトは、転倒しにくく安定した走行が可能です。車体の安定性と強度が高く、走行速度やフォークの上昇速度も速いため、安全性と作業効率が優れています。 さらに、カウンター式フォークリフトは座った状態で足のペダルでアクセルやブレーキを操作するため、自動車の運転に近い感覚で操作できます。 リーチ式フォークリフトの特徴 リーチ式フォークリフトは、立ったまま操縦する点や、車体を動かさずにフォークやマストを前後に伸縮させることが可能な点が特徴のフォークリフトです。「リーチ」は「距離・範囲」を表す言葉であり、フォークの伸縮により、この機能により、車体が奥に入らなくてもフォークを使って奥にある荷物を取り扱うことが可能です。 操縦時は、足元にペダルがあり、それを踏むことでブレーキが解除され、フォークリフトを走行させることができます。小回り性に優れ、狭い通路やスペースでの稼働に向いています。 また、リーチフォークリフトは、基本的にバッテリーで駆動するフォークリフトのため、燃料コストを削減でき、室内作業においては排気ガスの充満を心配する必要がありません。 「カウンター式」も「リーチ式」も同じ資格で操縦できる フォークリフトを運転する仕事に就くには、国家資格であるフォークリフト運転技能講習を受講する必要がありますが、カウンター式フォークリフトとリーチ式フォークリフトの運転は1つの資格で行えます。 つまり、本免許を取得すると、カウンター式・リーチ式等フォークリフトの最大積載量や機種の制限なく、運転が可能になります。しかし、フォークリフトで公道走行を行う場合は、大型特殊自動車免許などの運転免許を取得することが、道路交通法によって定められているため注意してください。 フォークリフト運転技能講習は、労働安全衛生法で定められた技能講習をすべて修了することで、最大積載量1トン以上のフォークリフトを運転できます(フォークリフト運転技能教育は最大積載量1トン未満のフォークリフトが運転可能)。 フォークリフト運転技能講習の受講資格は、満18歳以上であることが条件なので、誰でもチャレンジすることが可能です。講習や取得の難易度も高くないため、リフトマンや他業種に就職・転職したいと思う方は、積極的に受講してみることをおすすめします。 フォークリフトの動力 フォークリフトの動力は大きく「内燃機関式」と「蓄電池式」の2種類に分けられます。それぞれにメリット・デメリットがあるため、フォークリフトを選ぶときは、「動力」を確認しておくことも大切です。 内燃機関式(エンジン式) 内燃機関式(またはエンジン式)とは、すなわち、ガソリンやディーゼルなどを燃料として動く、エンジンで稼働するフォークリフトのことです。「ガソリン車」や「ディーゼル車」のほかにも「ガソリン併用車」「LPG(LPガス)車」などの種類があり、重量のある荷物でも問題なく運搬できる馬力や走行速度が優れているといったメリットがあります。 一方、大きなデメリットとして、排気ガスが出ることや小回りが利かないことが挙げられます。車体重量やサイズも大きいため、狭い倉庫内や通路ではなく、主に屋外で使用される場面が多いです。 蓄電池式(バッテリー式) 蓄電地式フォークリフトはバッテリーに蓄えた電力を動力源として稼働します。主に3トン以下の小型フォークリフトは、蓄電地式の動力であることが多いです。 蓄電地式フォークリフトの大きな利点は、小回りが利き、排気ガスが出ないことです。そのため、内燃機関式フォークリフトとは異なり、室内作業に適しています。なにより、燃料を必要としないため、燃費面でのコスト削減にもつながります。 ただし、馬力が弱いため重い荷物の運搬には不向きなことや、連続稼働ができないという点がデメリットです。さらに、蓄電池(バッテリー)は、最大で4〜5時間程度しか稼働できず、フル充電には約8時間かかるため、予備の蓄電池を用意することが一般的です。 そして、バッテリーの寿命が尽きた際、バッテリーの交換コストが高いということもネックになります。 現在は蓄電池式(バッテリー車)が普及している フォークリフトは、冷凍倉庫や精密部品の加工場、物流倉庫など排気ガスを出すことができない場面で活躍することが多いです。また、CO2の削減規制やガソリン価格の高騰もあり、蓄電池式(バッテリー車)の割合が、他分野の自動車に比べて高くなっています。 一般法人日本産業車両協会によると、フォークリフトの国内販売におけるバッテリー車比率は、1995年度の35.0%から2005年度には47.2%に上昇し、2023年10月時点で国内のバッテリー車(リーチ式フォークリフト、けん引車を含む)の普及率は68%以上となっており、すでに蓄電式(バッテリー車)が主流となっています。(日本産業車両協会調べ) 資料:日本産業車両協会「産業車両製造業における地球温暖化対策の取り組み」参照 日本産業車両協会は、毎年3月号の会報「産業車両」誌で、バッテリー車などの機種別や府県別の詳細な統計を公表しています。 一般法人日本産業車両協会ホームページ:統計資料 「カウンター式」「リーチ式」フォークリフトのデメリット フォークリフトを選ぶ際は、それぞれの機種が持つデメリットを抑えておくことも大切です。 フォークリフトは、使用される用途・環境を想定、考慮した設計になっています。機種の選択を誤ると、ワークシチュエーションによってはせっかく導入したフォークリフトが使い物にならない、という事も起こり得るので、こういったデメリットも把握しておきましょう。 カウンター式フォークリフト カウンター式フォークリフトのデメリットは下記の3つです。 1.排気ガスや騒音が発生する カウンター式フォークリフトのデメリットとして、排気ガスや騒音が発生するため屋内などの閉所での使用には向いていないことが挙げられます。ガソリンや軽油を燃料とするエンジン式(内燃機関式)フォークリフトは、普通乗用車と同じく燃料を燃焼させて動力に変換するため、エンジンをかければ排気ガスが発生します。 工場内や屋外の稼働でも排ガス規制があれば稼働できないほか、特に屋内では排気ガスによる一酸化炭素中毒の可能性もあるため、稼働が制限されていることが多いです。 2.小回りが利かない カウンター式フォークリフトのタイヤは、70度程度しか回転することができません。車体のサイズも大きく転回しにくいため、小回り性能や狭い場所での作業性はどうしても劣ってしまうことを理解しておきましょう。 カウンター式フォークリフトは、閉所や狭い通路で小さな荷物を運搬するより、一般的に屋外などの広いスペースで大きな荷物を運搬するために導入される機種だといえるでしょう。 3.燃料の消費量が多い カウンター式フォークリフトの動力は、ガソリンや軽油などを燃料にして稼働する内燃機関式がほとんどです。ガソリン車やディーゼル車はパワーが大きく、長時間作業していても速度が落ちにくいのが特徴です。 また、燃料給油も比較的短時間で完了するため、ガス欠時もスムーズに作業を再開できる利点もあります。しかし、高馬力と引き換えに、燃料の消費量も多いため燃料コストがかかる点には注意が必要でしょう。 リーチ式フォークリフト リーチ式フォークリフトのデメリットは以下の3つです。 1.稼働時間が短くパワーが小さい 2.価格が高価 3.重い荷物を運べない 1.稼働時間が短くパワーが小さい リーチ式フォークリフトの動力は蓄電池(バッテリー)式のため、内燃機関式の動力よりもパワーに劣ってしまいます。 さらに、稼働時間も短く、充電に時間を要することもデメリットです。バッテリーは繰り返し使い続けるとバッテリー液が蒸発していきます。特に夏季はバッテリー液の補充感覚が短くなるため、逐一の点検や補充も欠かせません。 リーチ式フォークリフトは、長時間の稼働、重量物の運搬には不向きといえるでしょう。 2.価格が高価 動力に蓄電池(バッテリー)を使用しているリーチフォークリフトは、内燃機関式(エンジン式)のフォークリフトよりも、購入額が高い傾向にあります。 以下の、内燃機関式フォークリフトと蓄電池式フォークリフトの価格相場を比較した表をご覧いただければわかるように、積載重量が多くなるほど価格も上がっていきますが、蓄電池式フォークリフトの場合、バッテリーの容量が大きくなるほど価格は高くなります。 【フォークリフト(動力別)価格相場】(2024年7月現在あくまで一例です) 積載重量(t) 1 1.5 2 2.5 内燃機関(エンジン)式 の価格相場 約¥1,800,000 約¥2,000,000 約¥2,300,000 約¥2,500,000 蓄電池(バッテリー)式 の価格相場 約¥2,300,000 約¥2,800,000 約¥3,300,000 約約¥3,800,000 蓄電池式フォークリフトの場合、積載重量が大きいほどバッテリーの容量も大きくなるため、比例して購入価格も高価になります。 3.重い荷物を運べない リーチフォークリフトは、パワーが内燃機関式よりも低い蓄電池式の動力を採用しているほか、リーチフォークリフトの機種は3トンクラス程度しかラインナップがないので、重い荷物を大量に運搬するには効率が良くありません。 また、カウンター式のフォークリフトよりも安定性が良くないので、積載量を上回る荷物の運搬は横転などの危険が高いです。 「カウンター式」「リーチ式」フォークリフトの選び方作業環境・用途を考慮して動力を選ぶ 適した動力のフォークリフトを選ぶには、作業環境・用途を明確にすることが大切です。例として、内燃機関式動力の「カウンター式フォークリフト」は、大量の重量物運搬を屋外で行う場合に活躍します。また、蓄電池式の動力を持つ「リーチ式フォークリフト」は、排気ガスが出せない冷凍倉庫や食品工場など食品衛生上の環境配慮が必要な場面でも活躍します。 カウンター式フォークリフトは、主に屋外や広大な倉庫、重量物運搬で使用され、リーチ式フォークリフトは基本的に屋内や狭い通路などの閉所作業や軽量物運搬で使用されます。 扱う荷物の重さで最大荷重を選ぶ フォークリフトの最大荷重を選ぶ際には、「運ぶ荷物の種類」「オペレーターの体重」「荷物の寸法」などの点を把握することも重要です。荷物の寸法によってフォークの長さが変わり、荷重中心によって最大荷重も変わります。 荷重心とは、フォークリフトに積載した荷物の重心位置とフォーク(爪)の垂直前面との距離のことです。例えば、荷重重心:500mm、最大荷重:1500Kgのフォークリフトの場合、フォーク垂直前面から500mm以内に荷重中心がある荷物に限り、1500Kgまで安全に運搬することが可能ということになります。 作業する場所に適した車輪数を選ぶ フォークリフトのタイヤには3輪と4輪のタイプがあります。このタイヤ数にはメリット・デメリットがあるため、利用目的に見合うタイヤ数の車両を選びましょう。 3輪タイプのフォークリフトは、リーチフォークリフトに多く見られるタイヤ数で、旋回半径が狭く小回りに優れています。そのため、狭い通路での作業に適していますが、屋外作業、特に砂利道や起伏の多い場所では操作が難しくなります。 また、3輪タイプのフォークリフトは、最大荷重が2.5トン程度までと限定的です。最大荷重ぎりぎりで荷物を運搬すると、フォークリフトの旋回時にバランスが不安定になりやすく転倒の危険が大きくなります。 4輪タイプのフォークリフトは耐久性があり、屋外作業や砂利道や起伏の多い地面での使用に向いています。また、3輪タイプよりも安定性が高いため、斜面でも転倒するリスクが少ないです。ただし、旋回範囲は3輪タイプよりも限られており小回りを苦手とします。 フォークリフトをレンタルする業者選びのポイント希望の機種があるかどうか 希望機種の有無は、業者選びでもっとも重要なポイントです。いくらレンタル費用が安くても、必要としているスペックのフォークリフトがなければ意味がありません。レンタル業者によって保有機種や在庫数が異なるため、事前のリサーチが必要になります。 最近では、レンタル可能な機種の一覧をサイトに掲載しているレンタル業者が多いです。気になる業者が見つかったら、まずはその業者のサイトをチェックしてみましょう。 利用しやすい料金プランがあるか レンタルは、1日単位で借りる日極と月単位で借り続ける月極の2パターンが基本的な料金形態になります。しかし、現在のレンタル業者は、顧客のニーズに応じてレンタルのプランを細かく設定していることも多いです。 中には、レンタルとリースの昼間に位置する「長期レンタルプラン」を提供する業者も見受けられます。このように、レンタルのプランは業者によって大きく異なることがあるため、複数社のプランを確認してから業者を選定するようにしましょう。 機械のメンテナンスはしっかり行われているか レンタル業者が扱う機械は基本的に中古品になります。フォークリフトは構造が比較的シンプルであり、長距離を移動する車両でもありません。したがって、メンテナンスさえ行き届いていれば年式が古いものでも問題なく使用できるでしょう。 しかし、その逆もまた然りで、メンテナンスが不十分であれば、年式が新しくローアワーのフォークリフトだったとしても不具合が発生しやすくなります。できれば、レンタルの契約をする前に、フォークリフトの状態を見て、メンテナンスの状況を確認するのが望ましいでしょう。 まとめ フォークリフトには大きく分けて「カウンタ―式」と「リーチ式」の2種類があり、それぞれの特徴を理解したうえで、作業の用途、規模にあった機種を選択することが大切です。またフォークリフトの動力によってもメリット・デメリットがあるので、レンタル等での導入をご検討の方は、本記事をご参考にしていただければ幸いです。 ←高品質な【中古フォークリフト】なら重機の専門店トクワールドにお任せ下さい!

    #フォークリフト#ガソリン#バッテリー#カウンター式#リーチ式

    2024/07/18

    69

  • フォークリフトの免許を取得する方法は?「フォークリフト」運転技能講習について徹底解説
    フォークリフト

    フォークリフトの免許を取得する方法は?「フォークリフト」運転技能講習について徹底解説

    フォークリフトの運転に必要な免許「フォークリフト運転技能講習」の取得方法 フォークリフトを運転して作業に従事するには、講習を受講後、学科試験及び実技試験に合格して交付される「フォークリフト運転技能講習修了証」という国家資格を取得する必要があります。 「フォークリフト免許」という呼び方もされますが、これは一般的な俗称であり、「フォークリフト運転技能講習修了証」が正式名称です。また、フォークリフトの免許は2種類に分かれており、目的に応じてどちらかを取得する必要があります。 では、フォークリフトの免許には具体的にどのような種類があるのでしょうか。また、取得にはどの程度の費用・日数を要するのかも気になると思います。 フォークリフトの運転に必要な免許・資格の種類 フォークリフト免許と呼ばれる資格には、「フォークリフト運転技能講習」と「フォークリフトの運転の業務に係る特別教育」の2種類があります。実際にフォークリフトを操縦して荷役作業を行う場合はこれらの受講または教育の修了証が必要です。 この2つは、運転するフォークリフトの最大積載量によって使い分けられており、免許の種類によって扱える積荷の重さが違うということも覚えておきましょう。 無資格者がフォークリフトで作業を行ってしまうと、労働安全衛生法違反とみなされ罰金刑になります。罰金刑の対象者は、実際に無資格で運転した本人だけでなく、業務の場合、監督不届きだった管理会社、管理会社の代表者まで罪に問われます。 また、フォークリフトを運転するうえで必要になる免許はフォークリフトで「公道走行を行う場合」と「荷役作業や運搬作業を行う場合」とで異なります。 1. 公道を走るには「特殊自動車免許」も必要 フォークリフトは工場などの私有地だけでなく、道路交通法で規定された車両区分の運転免許証を所持していれば公道を走行させることができます。 フォークリフトを公道で走行させる場合は、自動車登録(小型特殊免許または大型特殊免許)が必要です。フォークリフトは、車両寸法や排気量によって「小型特殊自動車」「新小型特殊自動車」「大型特殊自動車」の車両に区分され、税金の種類が異なります。 ただし、最大積載量2トンクラスまでは最高速度を15㎞/hに設定することにより、小型特殊自動車として登録が可能です。 また、フォークリフトの公道走行には小型特殊自動車の場合、「大型自動車免許・中型自動車免許・普通自動車免許・大型特殊自動車免許・大型自動二輪車免許・普通自動二輪車免許・小型特殊自動車免許」のいずれかが必要になります。 例えば、倉庫と工場を結ぶ一般道路を通行するために、特殊自動車免許を取得するケースも増えています。フォークリフトの運転は満年齢で18歳以上であること、公道走行時には荷物を積載しての走行は認められていません。 フォークリフトを公道走行させる場合 フォークリフトの自動車登録(小型特殊免許または大型特殊免許)が必要。 最高時速は15㎞/h以下、全高2.0m以下のフォークリフトの車両区分は「小型特殊自動車免許」を取得。最高時速やサイズがこれを超える場合、大型特殊免許の取得が必要。 公道走行の場合、付随して「大型自動車免許・中型自動車免許・普通自動車免許・大型特殊自動車免許・大型自動二輪車免許・普通自動二輪車免許・小型特殊自動車免許」のいずれかが必要。 小型・大型特殊自動車とは? 小型特殊自動車 【車両の条件】 全長:4.7m以下×全幅:1.7m以下×全高2.0~2.8m以下×最高時速: 15㎞以下(農作業用車は時速35㎞未満) 【公道走行に必要な運転免許】 大型自動車免許・中型自動車免許・普通自動車免許・大型特殊自動車免許・大型自動二輪車免許・普通自動二輪車免許・小型特殊自動車免許 【課せられる税金】 軽自動車税 大型特殊自動車 【車両の条件】 全長:12.0m以下×全幅:2.5m以下×全高3.8m以下×最高時速: 制限なし 【公道走行に必要な運転免許】 大型特殊自動車免許 【課せられる税金】 固定資産税 2. 「フォークリフト運転技能講習」とは 「フォークリフト運転技能講習」は、フォークリフトの「最大積荷が1トン以上」の運転作業に従事する際に、労働安全衛生法で運転技能講習の修了が義務付けられている資格です。 一般的に「フォークリフト免許」と呼ばれるものは、「フォークリフト運転技能講習修了証」のことを指しています。フォークリフト運転技能講習修了証は、都道府県労働局長定登録教習機関などに赴き、定められた技能講習をすべて修了後、試験に合格することで交付されます。 受講条件 講習を受講する条件としては、年齢が満18歳以上であれば誰でも受講することが可能です。 学科教育 フォークリフトの走行に関する装置の構造および取扱いの方法に関する知識 4時間以上 フォークリフトの荷役に関する装置の装置の構造および取扱いの方法に関する知識 4時間以上 フォークリフトの運転に必要な力学に関する知識 2時間以上 法令関係 1時間以上 尚、フォークリフト技能講習は、普通自動車免許または、大型自動車免許を取得していれば、「フォークリフト本体の構造・取り扱い方法」4時間が免除されます。 実技教育 フォークリフトの走行の操作 20時間以上 フォークリフトの荷役の操作 4時間以上 修了試験 学科試験 学科試験の採点は、各科目の点数の合計が100点満点、各科目の合計が次表の40%以上であり、尚かつ全科目の得点が60点以上であれば合格となります。 フォークリフトの走行に関する装置の構造および取扱いの方法に関する知識 30点 フォークリフトの荷役に関する装置の構造および取扱いの方法に関する知識 30点 フォークリフトの運転に必要な力学に関する知識 20点 法および規則中のフォークリフトに関する知識 20点 合計 100点 実技試験の採点は、減点式採点法により実施され、100点中とし、70点以上である場合が合格となります。実技試験はいくつかのコースがありますが、実技3日目までにはコースの詳細が発表されます。 実技試験の流れ 合格のポイント 初期位置から前進 左折 荷物の前で停止 荷物を持ち上げる 荷物を運搬したまま後退 後退しながら右折 停止、再び前進 スラローム 右折 所定の位置で停止、荷物を置く 後退しながらの右折 初期位置で停止 前進、後退 スラローム 荷物を持ち上げる(荷役操作1) 荷物を所定の位置に下す(荷物操作2) 荷物を持ったままの走行 「フォークリフトの運転の業務に係る特別教育」とは フォークリフトの運転最大積荷が1トン未満の場合は、「フォークリフトの運転の業務に係る特別教育」の修了が必要です。特別教育は、学科教育と実技教育により行われます。 学科教育 フォークリフトの走行に間する装置の構造および取扱いの方法に関する知識 2時間以上 フォークリフトの荷役に関する装置の構造および取扱いの方法に関する知識 2時間以上 フォークリフトの運転に必要な力学に関数する知識 1時間以上 関係法令 1時間以上 実技講習 フォークリフトの走行の操作 2時間以上 フォークリフトの荷役の操作 2時間以上 修了試験 学科試験 各科目の点数合計…100点満点中 合格基準…各科目の合計が次表の採点の40%以上。全科目の得点が60点以上である場合。 フォークリフトの走行に関する装置の構造および取扱いの方法に関する知識 30点 フォークリフトの荷役に関する装置の構造および取扱いの方法に関する知識 30点 フォークリフトの運転に必要な力学に関する知識 20点 法および規則中のフォークリフトに関する知識 20点 合計 100点 実技試験 採点は減点式採点法により行われ、満点は100点とし、70点以上である場合が合格となります。 フォークリフトの免許取得にかかる費用 フォークリフトの免許を取得にかかる費用は、地域や講習内容によって異なります。一般的に、「フォークリフト運転特別教育」は約¥20,000~、「フォークリフト運転技能講習」は¥20,000~¥50,000程です。以下では、保有する免許・実務経験の条件ごとに平均的な費用をご紹介します。 大型特殊自動車免許や普通自動車免許を所持しており、フォークリフト特別教育受講から3カ月以上経過の場合は、約¥15,000で収まる施設もあります。 受講コース 条件 費用 35時間コース 運転免許を保有していない、または原付免許、自動二輪免許のみ保有 実務経験がない ¥38,000~45,000 31時間コース 普通自動車免許、準中型自動車免許、中型自動車免許、大型自動車 ¥20,000~30,000 15時間コース フォークリフトの運転の業務に係る特別教育修了証を取得してから3カ月以上の実務経験がある(保有運転免許不問) ¥20,000~30,000 11時間コース カタピラ限定を除く大型特殊自動車免許を保有している 普通自動車免許、準中型自動車免許、中型自動車免許、大型自動車免許(カタピラ限定)を保有しており、「フォークリフトの運転の業務に係る特別教育修了証」を取得してから3カ月以上の実務経験がある ¥12,000~18,000 上記の費用はあくまでも目安であり、教習所によって費用が異なります。また、これらの受講料に加えて下記の費用も発生します。 (2024年6月現在) テキスト代…¥1,500~2,000 教習所によっては、受講費用の中にテキスト代が含まれることもあります。 補助試験料…学科試験:¥3,000、実技試験:¥5,000 学科試験や実技試験が不合格だった場合、補講として再試験を受ける際に「補助試験料金」として追加費用が発生します。 証明写真の発行費用…¥500~700 修了証に貼る証明写真の発行代金も別途必要な場合もあります。 助成金を申請できることも フォークリフトの免許取得にかかる費用を一部支給してもらえることもあります。厚生労働大臣の指定を受けた講座を受講すること「教育訓練給付制度」を申請可能です。 「教育訓練給付制度」の対象者は、フォークリフト免許取得にかかった受講料金の最大20%相当の費用が給付金として支給されます。 在職者と離職者の条件は以下の通りです。 在職者…受講開始の時点で、雇用保険の被保険者である期間が3年以上(初めて受給する場合は1年以上) 離職者…受講開始日の時点で、離職日から受講開始まで1年以内、および雇用期間は3年以上(初めて受給する場合は1年以上) 上記の条件に該当する場合は、給付金の一部を負担してフォークリフト免許の取得が可能になります。「教育訓練給付制度」に関しての詳細は、厚生労働省のホームページで確認できます。 フォークリフトの免許を取るために必要な日数 フォークリフトの免許を取得する日数は、保有免許の積載物などによって異なりますが、きちんと講習を受けさえすれば、最短で2日、最長でも5日程度で取得可能です。また特別教育のコマ数(12時間)でしたら、2日間で修了できます。 フォークリフト運転技能講習の場合、保有免許の種類によって講義が一部免除されます。例えば、普通自動車免許、中型自動車免許、大型自動車免許、大型特殊自動車免許の保有者は、4時間の学科講習の免除を受けることができます。 フォークリフトの免許取得にかかる日数は、実務経験や保有している免許などによって受講時間が細かに異なります。各受講時間の必要日数は以下の通りです。 受講時間 必要日数 35時間 5日程度 31時間 4~5日程度 15時間 2~3日程度 11時間 2日程度 最短で取得しようと思えば、基本的に1週間以内でフォークリフト免許を取ることが可能です。必ずしも連日で受講しなければならないというわけではなく、日や週をまたいでコマ(受講日)を組むことも可能です。 仕事や家事、育児をしながらなど、ライフスタイルにあわせたスケジュールで資格を取得できます。 フォークリフト免許 を受講できる場所 フォークリフト免許は、各都道府県の労働局に登録された教育機関で講習を受けることができます。具体的には、陸災防(陸上貨物運送事業労働災害防止協会)、自動車学校やフォークリフトなどの教習所、職業訓練施設などがあります。 フォークリフト免許は陸災防での取得ががおすすめ 費用面で見ると教習所での取得よりも、陸災防や職業訓練施設での取得が安いです。ただし、職業訓練施設の場合は講習の開催頻度が少ないことが難点となります。 フォークリフト免許を早期に安く取得したいのであれば、最寄りの陸災防で取得するのがおすすめです。陸災防はトラック協会の中に設置されており、会社ではなく協会であることから利益を出すことを目的としていません。 そのため、教習所よりも安い費用でフォークリフト免許を取得することができます。まずは、最寄りの陸災防を探しましょう。 陸災防支部所在地(陸上貨物運送事業労働災害防止協会ホームページ) 最寄りの陸災防で講習を開催していない場合は、隣県での取得も検討してみてください。 予約・申し込み はじめに、通いたい教習所に入校手続きを行う必要があります。遅くとも受講希望日の1~2週間前には申し込み・予約を済ませておくと良いでしょう。申し込みはWebや電話、直接訪問でも予約可能です。 フォークリフト免許を活用できる業種 フォークリフトは、荷役業務(荷物を運搬する必要のある業務)では欠かせない運搬用機械です。フォークリフトの免許が生かせる場面は、数多く存在します。 フォークリフト資格が活かせる業種 ・物流業界・食品業界・水産業界・鉄骨、鉄鋼業界・木材業界・解体業・建設業・水道管工事業・電気・電話線工事業・造園業・石材業・産業廃棄物処理業・建材業・工場など また、フォークリフトの免許を取得することで、以下のようなフォークリフトを運転することが可能です。 フォークリフト免許で運転できるフォークリフト ・カウンターバランスフォークリフト ・サイドフォークリフト ・リーチフォークリフト ・ピッキングフォークリフト ・ウォーキーフォークリフト まとめ フォークリフトは荷物の積載量によって取得する資格の種類が異なります。また、公道を走行させる場合は、運転免許も付随して必要です。 現在、物流センターや工場はもちろん、建設・土木業界をはじめ、リフトマンの需要は高い状況が続いています。また、フォークリフト免許の取得は決して難しいものではないうえに、年齢・性別を問わず働けるメリットがあります。 フォークリフト運転技能講習を修了すれば、職種の幅は一気に広がるでしょう。 ←フォークリフトの免許を取ったら早速トクワールドで中古フォークリフトを探そう!

    #フォークリフト#資格#操作#免許

    2024/06/13

    231

他の記事をみる

OFFICIAL SNS公式SNS

youtube YouTubeトクワールドYoutubeチャンネル

愛知県春日井市の中古重機・建機専門店「株式会社トクワールド(TOKU WORLD)」のYouTubeチャンネルです! 主に自社在庫の機械やアタッチメントの動作確認の動画を中心に、多数アップしておりますので是非チャンネル登録をお願い致します!

ページの先頭へ