中古建設機械情報・ニュース【トクワールド】のロードローラーに免許は必要? 費用や期間について徹底解説

中古重機買取 新車建機販売 建設機械 ユンボ ホイールローダー ブルドーザー トラック ラフタークレーン フォークリフト 環境機械 新品中古アタッチメント・パーツ 修理・輸出・リース 東海地区No.1

  1. TOP
  2. BLOG
  3. ロードローラー
  4. ロードローラーに免許は必要? 費用や期間について徹底解説
ロードローラーに免許は必要? 費用や期間について徹底解説

ロードローラー

2023/04/04

706

ロードローラーに免許は必要? 費用や期間について徹底解説

ロードローラーの運転は免許が必要になります。いかなる場合でも無免許での運転はできません。

「ロードローラーの免許を取得するように指示を受けた!」
「ロードローラーの免許を取得してキャリアアップにつなげたい!」

など、免許を取得する理由は様々だと思います。ロードローラーの免許は、1万円台で取得可能です。期間も2日間のため、そこまで負担にならないでしょう。

この記事では現役現場監督者の経験より、網羅的にロードローラーの免許について解説しています。

ぜひ、最後までお読みください。

そもそも、ロードローラーの運転には免許が必要?

結論として、ロードローラーの運転には「締固め用建設機械運転特別教育」という資格を取得した人に交付される免許が必須です。無免許で運転してしまうと法令違反となります。

以前は車両系建設機械の一部という扱いでしたが、専用の資格が設けられました。その背景には、ロードローラーによる事故が多数起きてしまったことが挙げられます。

ロードローラーは一般道路で作業を行う場合があります。ゆえに、運転者が資格保持者でないと、一般の方を巻き込んでしまう恐れがあるのです。

ロードローラーの運転には「締固め用建設機械運転特別教育」の資格が必要と覚えておいてください。次の章でさらに詳しく解説していきます。

ロードローラーの作業において必要な資格は2つある

様々な状況でロードローラーを運転するには、2種類の資格が必要になります。必要な資格は以下の通りです。

●締固め用建設機械運転特別教育
●ロードローラーのサイズに応じた自動車免許

ロードローラーのサイズに応じた自動車免許は作業状況によって、必要か判断しなくてはなりません。
それでは、詳しく解説していきます。

締固め用建設機械運転特別教育

前述したように、ロードローラーの運転は「締固め用建設機械運転特別教育」の資格が必要になります。作業員の方は、この資格を取得した後に交付される免許がなければロードローラーを操作できません。

労働安全衛生法第59条第3項により、事業者はロードローラー等の締固め用建設機械の運転業務に作業員の方を従事させる場合、特別教育を実施させることが義務付けられています。

昔は、車両系建設機械の一部という理由から、車両系の技能講習や特別教育を実施しておけば運転できました。

しかし、ロードローラーによる事故が多数起きてしまいます。事故をこれ以上起こさせないためにも労働安全衛生法が改訂され、独立した締固め用建設機械の資格ができました。

実際に、ロードローラーの事故では大半が運転者の不注意による操作ミスが原因だとされています。

ロードローラーを無免許で運転することは法令違反です。罰則として「6ヵ月以下の懲役または50万円以下の罰金」が科せられる可能性があります。必ず資格を取得してから作業を行うようにしてください。

ロードローラーのサイズに応じた自動車免許

ロードローラーで公道を走行する場合は、ロードローラーのサイズに応じた「自動車運転免許」が必要になります。あくまで、公道を走行する場合のみです。

ロードローラーが公道を走行するシチュエーションは以下の場合が考えられます。

●ロードローラー置き場と作業場所が離れており、移動する必要がある
●一般道路での作業で公道を走行する必要がある

また、ロードローラーで公道を走行する場合は、免許だけではなくナンバープレートも必要です。

「運転免許が必要なのは理解したけど、どの自動車免許がいるの?」と考えている方もいらっしゃると思います。
基本的には、以下のどれかの自動車免許が必要です。

●大型特殊自動車免許
●普通自動車免許
●小型特殊自動車免許

すでに普通自動車免許を取得している方は、小型特殊自動車免許を取得する必要はありません。普通自動車免許で対応可能です。

また、大型特殊自動車免許は以下のサイズのロードローラーで公道を走行する場合、必要になります。

全長 4.8m以上~12m以下
全幅 1.8m以上~2.5m以下
全高 2.1m以上~3.8m以下

繰り返しになりますが、ロードローラーの作業が道路交通法の適用範囲外になる私有地などでは必要ありません。作業開始する前に1度確認することをおすすめします。

    知っトク!
  • キャタピラで移動する建設機械で公道を走行していいの?
  • キャタピラ車は動きが鈍いため、公道を走行することは原則禁止されている!
    「タイヤで自走できる建設機械」のみ公道を走行できると覚えておこう

ロードローラーの免許を取得するメリットとは?

次に「ロードローラーの免許を取得する意味があるのかな?」とお悩みの方に向けて、メリットを解説します。

①ロードローラーの免許を取得すると正しい知識で安全に運転できる
②資格を取得していると即戦力の人材になれる
③ロードローラー以外の締固め用建設機械も操作できる

ロードローラーの免許を取得するか決めかねている方は、ぜひ参考にしてください。

①ロードローラーの作業を正しい知識で安全に運転できる

ロードローラーの免許を取得すると、作業を正しい知識で安全に行えます。当たり前と思うかもしれませんが、非常に重要です。

締固め用建設機械専用の免許ができた背景には、事故が多発した過去があります。同じようなことを起こさないためにも、運転者1人1人が安全第一で作業を行う必要があるのです。

ロードローラーは、操作ミスが重大災害につながる建設機械になります。ゆえに、作業前点検の仕方など正しい知識を保有していることがとても大切です。

②取得している資格が豊富になり即戦力として頼りになる

ロードローラーの免許を取得すると、即戦力として頼られる人材になれます。

現場では資格を取得している人しかできない作業が多くあります。わざわざ資格を取得させるよりも、すでに実践経験のある人材を迎え入れるほうが手間はかかりません。そのため、資格保持者は歓迎される傾向にあります。

実際に、大手求人サイトで「ロードローラー」と検索をすると、484件の求人広告が表示されました! このように、資格保持者には需要があり求人も多く出ています。

③ロードローラー以外の締固め用建設機械も操作できる

「締固め用建設機械特別教育」の資格を取得すればロードローラー以外の締固め用建設機械も操作可能です。

ロードローラー以外の締固め用建設機械は以下のものがあります。

●タイヤローラー
●振動ローラー
●ハンドガイド式ローラー

「締固め用建設機械特別教育」の免許には以下のような制限はありません。

●機械の種類による制限
●機械の重量による制限

免許を取得すると、すべての締固め用建設機械を操作できると覚えておいてください。

ロードローラーの免許取得に必要な情報を完全網羅! 費用や期間はどのくらい?

次に、ロードローラーの免許を取得するのに必要な情報を網羅してお伝えします。
記載している内容は以下の通りです。

①資格取得の条件
②自動車運転免許が必要な場合の確認方法
③免許取得にかかる費用
④講習内容
⑤講習にかかる期間

①資格取得の条件

資格の取得条件は、年齢のみです。

満18歳以上であれば「締固め用建設機械特別教育」を受講できます。

②運転するロードローラーのサイズから取得すべき自動車運転免許を抑えておく

ロードローラーで公道を走行する場合は、必要な自動車運転免許の種類を抑えておいてください。

●大型特殊自動車免許
●普通自動車免許
●小型特殊自動車免許

自分では判断が付かない場合は、リース元や販売元の会社に問い合わせて確認することをおすすめします。

③免許取得に必要な費用

ロードローラーの免許取得にかかる費用は、大体1万円〜1万7千円(税込)になります。

主な建機教習所や労働基準協会の値段は以下のようになります。

場所 費用
一般社団法人 労働技能講習協会 10,200円(税込)テキスト代込み
住友建機教習所 14,000円(税込)テキスト代込み
コマツ教習所 17,000円(税込)テキスト代込み
コベルコ教習所 17,000円(税込)テキスト代込み

④締固め用建設機械運転特別教育の講習内容

「締固め用建設機械特別教育」の講習内容は以下の通りです。

●ローラーに関する知識
●運転に必要な一般事項に関する知識
●関係法令
●実技教育

「締固め用建設機械特別教育」の講習は学科と実技に分かれています。

類似の免許を取得していると免除になる講習はありません。すべて受講する必要があります。

⑤免許取得までにかかる講習期間

「締固め用建設機械特別教育」の免許取得までにかかる時間は約10時間になります。調べた限りでは、どこの教習所も2日間にわたり行われていました。

講習ごとの詳しい時間は以下の通りです。

講習内容 時間
ローラーに関する知識 4時間
運転に必要な一般事項に関する知識 1時間
関係法令 1時間
実技教育 4時間

ロードローラーの免許が取得できる場所の探し方を解説

この記事を読んだ方の中には「さっそくロードローラーの免許を取得しに行こう!」と考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

まずは「自身が住んでいる地域の名前+ロードローラー免許」と検索してみてください。お住まいの家からアクセスがしやすい建機教習所や労働基準協会のHPが表示されると思います。

おすすめは労働基準協会になります。理由は、幅広い地域に存在しており、金銭面での負担が少ないためです。特にこだわりがない方は参考にしてみてください。

まとめ|ロードローラーの免許を取得して現場で活躍しよう!
この記事では、ロードローラーの免許に関する内容を網羅的に解説しました。
  • ロードローラーを運転するには「締固め用建設機械特別教育」の資格取得が必須
  • 公道を走行する際はサイズに応じた自動車運転免許が必要
  • 締固め用建設機械特別教育の資格を取得するメリットは多数存在
  • 1万円台の費用と2日間の講習で免許を交付してもらえる

ロードローラーを運転する際は、必ず資格を取得してください。
記事一覧へ

RECOMMENDおすすめ記事

  • 小型のロードローラーの役割とは? 小型ロードローラーの特徴や種類も紹介
    ロードローラー

    小型のロードローラーの役割とは? 小型ロードローラーの特徴や種類も紹介

    目次 小型のロードローラーの役割とは? 小型ロードローラーの種類とは? 締固め機械を3つ紹介! 小型のロードローラーの特徴3選 各メーカーにおける小型のロードローラーを紹介! 小型のロードローラーを中古で購入するべき3つの理由 小型のロードローラーを操作するときに必要になる資格とは? 小型タイプ以外のロードローラーの種類を紹介! まとめ|中古で小型のロードローラーを購入するならばトクワールドがおすすめ! 「小型のロードローラーはどのような場面で使用されるの?」 「小型のロードローラーにはどのような種類があるの?」 このような疑問をお持ちではないでしょうか? 小型のロードローラーは、様々な場面において使用できるのが特徴です。特に、歩道部での転圧作業や狭い場所での施工において、大いに活躍が期待できるでしょう。 また、小型の締固め用機械は3種類存在しており、それぞれに得意な作業があります。 この記事を最後までお読みいただければ、適材適所で締固め用機械を選べる人材になれるでしょう。 小型のロードローラーの役割とは? 小型のロードローラーは、小面積の転圧作業を役割としています。小面積の転圧作業とは、以下のような場合です。 歩道部のアスファルト復旧 大型のロードローラーが侵入できない細い道路 砂やれきなどをピンポイントで転圧 大型のロードローラーでは歩道部や狭い道での作業を行えません。ゆえに、小型のロードローラーが開発・販売され、道路工事を支えてきました。 また、小型のロードローラーはレバーに搭載されているボタンで操作を行います。小回りが利き、小面積の転圧作業に適した作りです。 小型のロードローラーの役割を正しく理解することが、施工時間の短縮やコスト削減につながります。 小型ロードローラーの種類とは? 締固め機械を3つ紹介! 次に、小型のロードローラーの種類について解説していきます。この記事で紹介する種類は、以下の通りです。 ハンドガイド式ロードローラー 振動プレートコンパクター ランマー 振動プレートコンパクターとランマーは、厳密にはロードローラーではありません。しかし、ロードローラーと同様の締固め用機械のため、紹介させていただきます。 それでは、詳しく見ていきましょう。 ハンドガイド式ロードローラー ハンドガイド式ロードローラーは、自身の手でレバーを操作しながら転圧を行う小型のロードローラーです。ハンドガイド式ロードローラーは、以下の要素で構成されています。 動力となるエンジン周り 鉄製のローラー2つ 操作レバー これら3つで構成されているため、コンパクトでシンプルなロードローラーです。 大型・中型のロードローラーと違い、乗車して車のように操縦する必要はありません。そのため、操作がしやすく扱いやすいロードローラーといえるでしょう。 また、ハンドガイド式ロードローラーは砂やれきの転圧作業も得意としています。広い面積においてもワンポイントで使用可能です。 シンプルな構造をしており、コンパクトでメンテナンスをしやすいのが、ハンドガイド式ロードローラーです。 振動プレートコンパクター 振動プレートコンパクターは鉄製のローラーではなく、面積の広い転圧板により締固めを行う振動工具です。 振動プレートコンパクターは、略して「プレート」と呼ばれることが一般的となります。扱いやすさと使い勝手の良さから様々な現場で活躍中です。 振動プレートコンパクターは、転圧板の面積が広いため、地盤との接地面が多くなります。そのため、表面をきれいに均す目的で使用されることがほとんどです。 アスファルト舗装などの仕上げ転圧作業で使用されています。 ランマー ランマーも振動プレートコンパクターと同様に、転圧板により締固めを行う振動工具です。振動プレートコンパクターよりも転圧板の面積が小さいため、より深く転圧をする作業に適しています。 ランマーは1度に転圧できる面積が小さいため、しっかりと転圧を行う箇所でピンポイントに使用されることがほとんどです。そのため、1次転圧作業や2次転圧作業を得意としています。 また、ランマーは振動による騒音が大きい振動工具です。しかし、近年では振動と騒音に配慮した電動式のランマーも開発・販売されていますので、周辺への環境配慮が必要な場合は電動式を検討してみてください。 道路工事の現場でよく見かけるのがランマーになります。 小型のロードローラーの特徴3選 次に、小型のロードローラーの特徴について解説します。この記事で紹介する特徴は、以下の通りです。 価格が安い 狭い箇所の転圧作業が得意 振動を用いて締固めを行う それでは、詳しく解説していきます。 1.ほかのロードローラーに比べて価格が安い 小型のロードローラーは、ほかのロードローラーに比べて価格が安いです。そのため、少額の予算で購入できます。 小型のロードローラーは構造的にシンプルなものが多く、それほど開発コストがかからないためです。 新品の場合は100万円〜200万円での購入が目安です。大型のロードローラーは1,000万円を超える場面もあるため、比較すると費用を抑えられることが分かります。 中古の小型ロードローラーを購入すれば、さらに費用を抑えることも可能です。 2.狭い場所や歩道部の締固め作業が得意 小型のロードローラーは、大型のロードローラーが入れない場所での作業を得意としています。大型のロードローラーが侵入できない場所とは、入り組んだ細い道路や歩道を指します。小型という特性を活かした活躍が期待できるでしょう。 また、締固め能力も申し分ありません。振動を用いて転圧を行うため、自重の3倍~4倍の力で転圧可能です。「小型だからきちんと転圧できないのでは?」という心配は無用になります。 実際に、街中では歩道の復旧工事で見かける場面が多いと思います。小面積の転圧作業に1番適しているのが、小型のロードローラーです。 3.振動によって締固めを行う 前述しましたが、小型のロードローラーは振動を用いて転圧作業を行います。これにより、様々な材料を転圧可能です。 アスファルト コンクリート 砂 れき 振動を用いるため、騒音と振動には気を付けなければいけません。近年では国土交通省が定めている「低騒音型建設機械指定制度」の認定を受けているロードローラーが販売されています。 認定を受けている小型のロードローラーは青色のステッカーが貼られており、一目で分かるようになっています。 また、小型のロードローラーを使用する際は、振動による足の挟まれ事故に細心の注意を払うようにしてください。 各メーカーにおける小型のロードローラーを紹介! 次に、各メーカーが開発・販売をしている小型ロードローラーの基本スペックや特徴について解説していきます。 この記事で紹介するメーカーは、以下の通りです。 株式会社日立建機カミーノ 酒井重工業株式会社 関東鉄工株式会社 BOMAG GROUP(ボーマクグループ) 各メーカーの特徴を抑えておくことにより、適材適所でロードローラーを選択できるようになります。 株式会社日立建機カミーノの小型ロードローラー 株式会社日立建機カミーノの小型ロードローラーは、以下のようなスペックになります。 メーカー 株式会社日立建機カミーノ 種類 ハンドガイド式ロードローラー 型式 ZV550WL 機械質量 565kg 全長 2,275mm 全幅 630mm 全高 1,143mm 振動数 55Hz ハンドガイド式ロードローラーの特徴は、以下の通りです。 ハンドルアシスト機能を搭載しているため、ハンドル格納時の負担を45%軽減 カバーを取り外さなくてもエンジン周りのメンテナンスが可能 操作スイッチが大きめに作られているため、操作性が良い 株式会社日立建機カミーノのハンドガイド式ロードローラーは、ハンドル格納時の負担軽減と大型スイッチの採用により、作業性と安全性が向上しています。 また、カバーを開けることなくエンジンをメンテナンスできるため、作業前点検などのメンテナンス性が向上しているのもポイントです。 作業を実施する方とメンテナンスを行う方、どちらにも配慮した使い勝手の良いハンドガイド式ロードローラーになります。 酒井重工業株式会社の小型ロードローラー 酒井重工業株式会社の小型ロードローラーは、以下のようなスペックになります。 メーカー 酒井重工業株式会社 種類 ハンドガイド式ロードローラー 型式 HV520 機械質量 585kg 全長 2,450mm 全幅 640mm 全高 1,175mm 振動数 60Hz ハンドガイド式ロードローラーの特徴は、以下の通りです。 ワンタッチでカバーを開閉可能。メンテナンス性が向上している オプションにて寒冷地用にカスタマイズが可能 ウォーターハンマー防止マフラーを搭載している 酒井重工業株式会社のハンドガイド式ロードローラーは、寒冷地用にカスタマイズできることやウォーターハンマー防止マフラーが搭載されていることから、現場環境に合わせて使用できるのが特徴です。 ウォーターハンマーとは、水を流すパイプ内にて起こる急激な圧力変化による現象をいいます。急激な圧力変化によって、様々なパイプ周りのパーツを損傷させる恐れがあるのです。 ウォーターハンマー防止マフラーは、この現象を抑制する役割を果たしています。 また、メンテナンス性も向上しており、ワンタッチでエンジン周りのカバーを開閉することが可能です。 寒い地域での使用を考えている方は、酒井重工業株式会社のハンドガイド式ロードローラーを探してみてください。 関東鉄工株式会社の小型ロードローラー 関東鉄工株式会社の小型ロードローラーは、以下のようなスペックになります。 メーカー 関東鉄工株式会社 種類 ハンドガイド式ロードローラー 型式 H600KS 機械質量 605kg 全長 2,355mm 全幅 634mm 全高 1,175mm 振動数 55Hz ハンドガイド式ロードローラーの特徴は、以下の通りです。 緊急停止装置が搭載されており、安全性能に優れている 剛性のフレームが採用されており、高耐久性を実現している 超低騒音型のため、周囲の環境に配慮して施工ができる 関東鉄工株式会社のハンドガイド式ロードローラーは、安全性や耐久性に優れています。操作レバーが中立の場合のみエンジンが始動する作りになっているため、急に動き出すことはありません。 挟まれ事故防止用の緊急停止装置が搭載されているのも、魅力的です。 また、超低騒音型として国土交通省が提供している「NETIS」に登録されています。 シンプルかつバランスの取れたハンドガイド式ロードローラーを必要としている方におすすめです。 BOMAG GROUP(ボーマクグループ)の小型ロードローラー BOMAG GROUP(ボーマクグループ)の小型ロードローラーは、以下のようなスペックになります。 メーカー BOMAG GROUP(ボーマクグループ) 種類 ハンドガイド式ロードローラー 型式 BVW57H 機械質量 550kg 全長 2,340mm 全幅 616mm 全高 1,060mm 振動数 55Hz ハンドガイド式ロードローラーの特徴は、以下の通りです。 挟まれ防止設備を搭載しており、安全性能に優れている 夜間作業に適したヘッドライトを搭載している 高振動装置を搭載しており、高い締固め能力を誇る BOMAG GROUP(ボーマクグループ)のハンドガイド式ロードローラーは、安全性能と高い施工性能を両立しています。挟まれ防止設備や実用的なヘッドライトを搭載しているためです。 ヘッドライトは夜間作業を行う場合に非常に有効な設備となります。 また、BOMAG GROUP(ボーマクグループ)のハンドガイド式ロードローラーは、フレームの剛性の向上と高振動装置の搭載による高い締固め能力が売りです。そのため、施工時間の短縮や転圧にかかるコストの削減に貢献してくれます。 夜間作業で時間に余裕がない場合は、このようなハンドガイド式ロードローラーを使用するのが良い判断です。 小型のロードローラーを中古で購入するべき3つの理由 次に、小型のロードローラーを中古で購入するべき理由について解説します。この記事で紹介する理由は、以下の通りです。 様々な現場に対応可能 費用を抑えて購入可能 当日の納車に対応可能 1.様々な現場に対応可能 中古で小型のロードローラーを購入すれば、様々な現場の転圧作業に対応できます。大規模な現場では、砂の転圧においてピンポイントで使用可能です。また、狭い箇所の施工では、小型のロードローラー1台で転圧を行えます。 大型のロードローラーに比べて扱いやすく、使い勝手が良いのも魅力的です。保管にも場所を取らないため、1台は確保しておきたい中古購入に適したロードローラーといえるでしょう。 トクワールドではハンドガイド式ロードローラーやプレート、ランマーの中古販売を行っています。 2.費用を抑えて購入可能 中古で小型のロードローラーを購入すれば、新品で購入するよりも費用を抑えられます。中古の場合は、使用年数やキズ、劣化が考えられるためです。 しかし、トクワールドでは自社のメンテナンス工場にて整備や塗装を行っています。1台1台丁寧に仕上げているため、新品に引けを取りません。 小型のロードローラーの中古価格は需要によって変動しますが、おおよそ100万円以下で購入可能です。 予算内で少しでもグレードの高いロードローラーを希望している方は、中古購入の利用を検討してみてください。 3.当日の納車にも対応可能 中古で小型のロードローラーを購入すれば、最短当日の納車にも対応可能です。素早い納車がメリットとなる背景として、現場には様々なトラブルが考えられます。 「急遽、明日までにロードローラーが必要になった…」 「納期に間に合わないため、ロードローラーを入れて施工時間を短縮しなければならない」 「レンタル会社にロードローラーの在庫がなく、着工に間に合わない…」 新品は購入から納車まで1ヶ月以上の期間が必要になる場合があります。しかし、中古であれば整備と塗装が終わり次第、すぐに納車可能です。 トクワールドでは、お客様の要望にできる限り対応しております。また、納車手配も承っているため、お客様の手元に素早く届けることが可能です。 小型のロードローラーを操作するときに必要になる資格とは? ロードローラーを操作する場合は「締固め用建設機械運転特別教育」という資格が必要になります。資格を取得していない方は、近くの教習所で特別教育を受講するようにしてください。 また、振動プレートコンパクターとランマーを使用する場合は「振動工具取扱作業者安全衛生教育」を受講しなければなりません。 「振動工具取扱作業者安全衛生教育」は約4時間の講習で料金は8,000円程です。どちらも、必ず資格を取得してから作業を行うようにしてください。 小型タイプ以外のロードローラーの種類を紹介! 最後に、小型タイプ以外のロードローラーについて解説します。この記事で紹介する小型タイプ以外のロードローラーは、以下の通りです。 マカダム式ロードローラー タンデム式ロードローラー タイヤ式ロードローラー コンバインド式ロードローラー どのロードローラーも広い面積を転圧する場合に活躍をしています。今後使用する可能性がある方は、復習をしておきましょう。 それでは、解説していきます。 マカダム式ロードローラー マカダム式ロードローラーは、鉄製のローラーを3つ搭載したロードローラーです。三輪車をイメージすると分かりやすいかもしれません。 マカダム式ロードローラーが得意としている作業は、道路工事の初期転圧作業です。機械の自重を活かして、しっかりと転圧を行っていきます。 タンデム式ロードローラー タンデム式ロードローラーは、鉄製のローラーを2つ搭載したロードローラーです。非常に一般的であり、様々な道路工事の現場で見かけます。 タンデム式ロードローラーが得意としている作業は。広い面積の転圧作業です。ローラーの幅が広いという特徴を活かして、短時間で施工を行えます。 タイヤ式ロードローラー タイヤ式ロードローラーは、ゴム製のタイヤをローラーの代わりに搭載したロードローラーです。タイヤの数は計7つのものが広く流通しています。 タイヤ式ロードローラーが得意としている作業は、仕上げ転圧作業です。タイヤの滑らかさを活かして、きれいに仕上げていきます。 コンバインド式ロードローラー コンバインド式ロードローラーは、鉄製のローラーとゴム製のタイヤを両方搭載したロードローラーです。ローラーとタイヤの両方のメリットを活かしながら転圧作業を行えます。 コンバインド式ロードローラーが得意としている作業は、多々あります。どのような作業も両方の特徴を活かしながら行えるため、非常に人気のロードローラーです。 まとめ|中古で小型のロードローラーを購入するならばトクワールドがおすすめ! 今回は、小型のロードローラーについて解説しました。 改めて、この記事でお伝えしたポイントをまとめると以下のようになります。 小型のロードローラーは小面積の転圧作業に適している 各メーカーが多種多様な小型のロードローラーを開発・販売している 中古でロードローラーの購入を検討している場合は、小型のロードローラーがおすすめ 小型のロードローラーを1台保有していれば、様々な現場に対応できるようになります。 ←中古の【ロードローラー】を探すならトクワールド!

    2023/04/27

    480

  • ロードローラーはレンタルするべき? メリットやおすすめのレンタル会社を徹底解説
    ロードローラー

    ロードローラーはレンタルするべき? メリットやおすすめのレンタル会社を徹底解説

    目次 ロードローラーをレンタルするメリットとデメリットとは? ロードローラーをレンタルする場合におすすめの会社とは? ロードローラーをレンタルした場合の料金はどのくらい? ロードローラーはレンタルと中古購入どちらがおすすめ? ロードローラーのレンタルでよくある質問とは? まとめ|ロードローラーはレンタルするべき? 「ロードローラーをレンタルした場合の料金相場はいくら?」 「ロードローラーはレンタルと中古どちらがおすすめ?」 このような疑問をお持ちではないでしょうか? ロードローラーをレンタルした場合の相場は、1日あたり約3,000〜10,000円です。しかし、ロードローラーの大きさや種類によって大幅に変動するため、一概にはいえません。 また、ロードローラーは期間によって、レンタルにするか中古にするか判断する必要があります。レンタルする期間が長い場合は、中古で購入する方がコストはかからない可能性はあるでしょう。 この記事では、ロードローラーをレンタルするメリットやおすすめレンタル会社、ロードローラーに関するよくある質問を解説しています。 ロードローラーをレンタルするメリットとデメリットとは? まず、ロードローラーをレンタルするメリットとデメリットを解説します。 メリットとデメリットを正しく理解することで、本当にレンタルするべきなのかを判断できるでしょう。 ロードローラーをレンタルした場合のメリットとして大きいのが、トータルコストの削減です。レンタルすることで、本体にかかる金額を少なくできる以外にも税金の申請や減価償却計算など、面倒な事務手続きが不要になります。 また、ロードローラーをレンタルした場合のデメリットとして考えられるのが、自社の所有物にならないことです。中古で購入した重機は、自社の所有物となるため気軽に好きなタイミングで使用できます。 細かな作業で必要になったとき、毎回レンタルする手間を削減できるので、スムーズに施工を進められるでしょう。 それでは、ほかの要素も詳しく解説します。 ロードローラーをレンタルする3つのメリット はじめに、ロードローラーをレンタルするメリットについて解説します。 この記事で紹介する3つのメリットは、以下の通りです。 最新の重機を使用できる 必要な期間のみレンタルすれば経済的 重機のメンテナンスを自社でする必要がない ほとんどのレンタル会社は、専門知識を有した整備力を売りにしています。 そのため、適切なメンテナンスが施されたロードローラーが現場に届くでしょう。 しかし、作業開始前点検や月次点検などは、必ず行い安全に作業してください。 最新の重機を使用できる 1つ目に紹介するメリットは、最新の重機を使用できる点です。レンタル会社では最新の建設重機を揃えているところが多く、お試し感覚でもレンタル可能。 最新のロードローラーを使用するメリットは、以下の通りです。 性能が高くなっている可能性があるため、作業効率が上がる 最新のロードローラーを購入する前にお試しで利用できる 最新の安全設備を搭載しているため、トラブルの防止につながる 建設重機は、旧型に比べて最新型のほうが燃費性能に優れている傾向があります。新たな制御システムが採用されている場合、作業効率の上昇にもつながるでしょう。 また、購入予定のロードローラーをレンタルで利用すれば、購入前に操作感やパフォーマンスを確認できます。 最新のロードローラーを新品で購入するのは、膨大なコストがかかります。事前に性能を理解することは、ミスマッチを防ぐ上で大切です。 最新の重機を使用したい場合は、レンタルを検討してみてください。 必要な期間のみレンタルすれば経済的 2つ目に紹介するメリットは、必要な期間のみレンタルすれば経済的であることです。重機をレンタルする場合は、1日ごともしくは、月単位で使用料を支払う必要があります。 少し特殊な建設機械を3日間だけ使用する場合、中古で購入したら100万円かかるとします。仮に、レンタル料金が1日3万円とすると、3日間で9万円です。 例のように、短期間だけの使用では、コストを大幅に下げられるでしょう。 ロードローラーの場合でも、道路工事や土地の整備にかけられる施工期間は決められています。 また、ロードローラーは1次転圧作業と2次転圧作業、仕上げ転圧作業で適切なロードローラーが変化します。自社で所有しているロードローラーのみで対応すると、施工品質や施工時間が想像通りに進まず、トラブルが起きてしまう可能性があるでしょう。 レンタルを利用すれば、適材適所でロードローラーを交換できるため、現場の状況に対応可能です。 施工期間が短ければ短いほど、レンタルによるコスト削減のメリットは、大きくなると覚えておいてください。 重機のメンテナンスを自社でする必要がない 3つ目に紹介するメリットは、重機のメンテナンスを自社でする必要がない点です。レンタル会社の多くは、自社のメンテナンス工場を所有しており、専門知識を持つ人間が1台ごとにメンテナンスを行っています。 そのため、ロードローラーのメンテナンスに詳しい人材がいなくても、安全に使用可能です。メンテナンススタッフを雇う必要もないため、コスト削減にもつながります。 レンタルしたロードローラーが故障した場合も、レンタル会社のスタッフが対応してくれる場合が多く、トラブルの被害を最小限にできるでしょう。 しかし、作業前点検やグリスなどの簡単な整備は、現場で安全に作業を行うためにも必要です。 ロードローラーの専門的なメンテナンスは、レンタル会社が代わりに実施してくれていると覚えておいてください。 ロードローラーをレンタルする3つのデメリット 次に、ロードローラーをレンタルするデメリットを紹介します。 この記事で解説する3つのデメリットは、以下の通りです。 借りたい時期に借りられない場合がある 最終的に返却するため自社の所有物にならない 長期的にレンタルすると高額になるケースがある ロードローラーをレンタルした場合の大きなデメリットは、自社の所有物にならない点です。ワンポイントだけで使用したい場合にすぐ準備できないため、使い勝手は悪いといえます。 借りたい時期に借りられない場合がある 1つ目に紹介するデメリットは、借りたい期間に借りられない場合があることです。 重機によっては、人気のある時期や需要の高まる期間が存在します。その際に、レンタル会社への連絡が遅れてしまうと、すでに予約が埋まっており、借りられない可能性があるでしょう。 ロードローラーは、クレーンなどの重機と同様に需要の高い建設機械です。常にレンタルの在庫があるか確認するのはストレスになります。 もし、ロードローラーが準備できなかった場合は、作業計画の遅れが発生してしまい、スケジュールを再度調整しなければなりません。 ロードローラーをレンタルする場合は、作業計画を立てた段階で、レンタル会社に連絡することをおすすめします。 最終的に返却するため自社の所有物にならない 2つ目に紹介するデメリットは、自社の所有物にならない点です。重機をレンタルした場合、借入期間が終了した段階で重機を返却しなければなりません。 そのため、レンタル期間終了後に使用したい場合は、改めてレンタルする必要があり、手間と時間がかかります。 ロードローラーを自社の資産として所有できないため、作業計画の予定が立てづらくなるでしょう。 また、重機をレンタルする場合は、配送費も必要になります。何度も借入と返却を繰り返していると、想像以上に費用がかさんでしまう可能性があります。 自社でロードローラーを使用する機会が多い場合や、ロードローラーを使用する期間が長い施工を予定している場合は、中古で購入するのがおすすめです。 中古で購入すれば、いつでも使えるため安心できます。 長期的にレンタルすると高額になるケースがある 3つ目に紹介するデメリットは、長期的にレンタルすると高額になるケースがある点です。重機のレンタルは、短期間の利用や一時的な施工において、コストパフォーマンスが優れています。 しかし、長期間にわたってレンタルを続ける場合は、費用が膨らんでしまうでしょう。 ロードローラーをレンタルする際は、事前に期間や予算を適切に計画し、長期的な費用負担を見越して判断してください。 ロードローラーをレンタルする場合におすすめの会社とは? 次に、ロードローラーをレンタルする場合におすすめの会社を紹介します。 この記事で紹介する4つのレンタル会社は、以下の通りです。 株式会社アクティオ jukies(ジューキーズ) 東京レンタル 太陽建機レンタル 基本的に、重機をレンタルする場合は現場の近くに支店のある会社がおすすめです。 株式会社アクティオ 1つ目は、株式会社アクティオです。 1967年に設立され、建設機械レンタルの会社としてサービスを拡大してきました。 特徴は、 アクティオ建機レンタルWebサービスが魅力的 全国展開しており、支店が豊富に存在する 重機から水中ポンプまでラインナップが豊富に用意されている 株式会社アクティオは、アクティオ建機レンタルWebサービスを法人に向けて展開しています。 スマートフォンやパソコンから建設機械のレンタルの注文ができるサービスです。従来では、建設機械のレンタルは、電話での注文が基本でした。 しかし、電話での注文では、商品の認識不一致やレンタルの重複というトラブルが度々起きてしまいます。 カタログを見ながら注文ができるため、トラブルが起きる心配はありません。 また、アクティオは全国展開しており、支店が豊富に存在します。 jukies(ジューキーズ) 2つ目は、jukies(ジューキーズ)です。 名古屋に本社を構える豊田通商株式会社が運営している重機レンタルサービスです。 特徴は、 ホームページを利用すれば最短1分で必要な重機を探せる 最短で翌日からレンタルの申し込みが可能 探している重機と地域を入力すればレンタル金額がすぐにわかる 必要な重機を最短1分で全国各地から探してくれます。そのため、レンタル先が見つからない場合やレンタルしたい重機がない場合に利用するのがおすすめです。 また、最短で翌日からレンタルの申し込みができます。 大至急、ロードローラーが必要になった場合でも、翌日に届けてくれる可能性があるため、施工の遅れを最小限にできるでしょう。 レンタル金額がホームページですぐに調べられるのも特徴の一つです。 東京レンタル 3つ目は、東京レンタルです。 神奈川県に本社を構える東京レンタル株式会社が運営している重機レンタルサービスです。 特徴は、 レンタル重機を安心して利用できる東京レンタルサポート制度を用意 東京を中心に支店が17箇所存在する 重機以外にもスポットクーラーなどラインナップが豊富に用意されている 東京レンタルには「東京レンタルサポート制度」が存在します。 サポート制度に加入すると、建設重機使用時の車両損害事故及び損害賠償責任事故サポートがついてくる車両サポートや不慮の事故に対応できる動産サポートがついてきます。 レンタル料金とは別にサポート料金が必要になります。 また、東京を中心に関東圏に17個の支店を展開しており、施工現場が関東圏内の場合は、1度支店が現場の近くにあるか確かめてみるのがおすすめです。 ロードローラーなどの重機以外にも、スポットクーラーやプレハブ小屋、業務用扇風機に至るまでラインナップが豊富に用意されています。 太陽建機レンタル 4つ目は、太陽建機レンタルです。 太陽建機レンタルは、1986年に設立され、建設現場や土木現場に重機をレンタルしている会社です。レンタルを通じて、街づくりに貢献することを目標としています。 特徴は、 3,000種類を超える業界トップクラスの機械保有量 全国に122支店を展開 社員の約30%が整備の技術スタッフであり、徹底的なメンテナンスを実施 ロードローラーやユンボはもちろん、測量機器に至るまでさまざまな機械をレンタルできます。 保有している機械は、3,000種類を超えており、レンタル業界でもトップクラスです。 また、全国に122支店を展開しています。現場の近くに支店があると、レンタルした小物を自分で取りに行けるため、緊急時でも対応できるでしょう。 整備の専門スタッフが多く存在し、徹底したメンテナンスを実施しています。 ロードローラーをレンタルした場合の料金はどのくらい? 次に、ロードローラーをレンタルする場合の料金相場を解説します。 今回ご紹介する3つのロードローラーは、以下の通りです。 振動式ロードローラー ハンドガイド式ロードローラー 転圧ロードローラー ロードローラーのレンタル料は、大きさや種類によって異なるため一概にはいえません。あくまで、相場としてお考えください。 振動式ロードローラーのレンタル料金 振動式ロードローラーのレンタル料金の相場は、1日あたり約3,000〜10,000円です。 振動式ロードローラーとは、ロードローラーの自重と振動によって地面を締め固めるタイプのロードローラーになります。 振動することで、自重以上の力で転圧できるため、小型でも十分な締固め能力を発揮できるのが特徴です。 しかし、振動による騒音に注意しなければなりません。夜間工事や病院が現場の近くにある場合は、使用を控えるのがいいでしょう。 振動式ロードローラーを中古で購入する場合の相場は、約100万〜300万円になります。 ハンドガイド式ロードローラーのレンタル料金 ハンドガイド式ロードローラーのレンタル料金の相場は、1日あたり約3,000〜6,000円です。 人力で操作するタイプのロードローラーになります。 小型で小回りが利くため、狭いスペースでの作業が得意です。振動させることで、砂やれきなど、さまざまなものを転圧できます。 しかし、周囲の安全を考慮して施工しなければなりません。ローラー部分に足を挟んでしまう事故が多発しているため、操作する際は十分に注意しましょう。 ハンドガイド式ロードローラーを中古で購入する場合の相場は、約50万〜100万円です。 転圧ロードローラーのレンタル料金 転圧ロードローラーのレンタル料金の相場は、1日あたり約3,000〜10,000円です。 転圧ロードローラーとは、ロードローラーの自重のみで転圧するタイプのロードローラーになります。 タンデム式やマカダム式、タイヤ式など、さまざまな用途に対応できるロードローラーが開発されているため、道路工事の主力です。 振動式に比べて、騒音を抑えられるため、夜間作業にも対応できます。 転圧ロードローラーを中古で購入する場合の相場は、約100万〜300万円です。 ロードローラーはレンタルと中古購入どちらがおすすめ? ロードローラーを利用する場合に、レンタルと中古購入どちらがおすすめであるかは、一概にいえません。 会社の予算や状況、借入期間によって、最適な選択が変化するためです。 レンタルと中古購入で迷ったときは、借入期間を目安に考えましょう。 ロードローラーを使用する期間が数日間の場合は、レンタルがおすすめです。しかし、数ヵ月にわたってロードローラーが必要な場合は中古購入を検討してください。 ロードローラーを中古で購入すれば、いつでも使用できる安心感が生まれます。また、中古でもメンテナンスが十分に行われているものは、新品のような使用感があります。 ロードローラーのレンタルを考えている人は、1度中古のロードローラーで掘り出し物がないかチェックしてみてください。トータルコストの削減にも繋がる可能性があります。 ロードローラーのレンタルでよくある質問とは? 次に、ロードローラーのレンタルでよくある質問を2つ紹介します。 転圧機械はホームセンターでレンタルできるの? リースとレンタルは何が違うの? 転圧機械はホームセンターでレンタルできるの? 転圧機械は、ホームセンターでレンタルできます。DIYが流行しており、庭の手入れなどで小さな転圧機械を使用したいニーズが増えているためです。 転圧機械をレンタルできるといわれているホームセンターは、コメリやジョイフルエーケーがあります。 ホームセンター以外にも、アクティオや太陽建機レンタルでは、個人で転圧機械をレンタルできるようです。 実際に、レンタルする場合はホームページや電話で確認してください。 転圧機械をレンタルした場合の相場は、1日あたり約1,000~4,000円です。転圧機械をレンタルして、庭を素敵にDIYしましょう。 リースとレンタルは何が違うの? リースとレンタルの主な違いは、借入期間の長さです。 リースは、長期間の契約が基本となり、保守義務が借主にあります。また、途中で解約ができないというデメリットが存在します。 レンタルは、比較的短期間の契約が基本です。リースと違い、レンタル会社が所有している在庫品のみレンタルできます。 まとめ|ロードローラーはレンタルするべき? 今回は、ロードローラーのレンタルに関することを解説しました。 改めて、この記事でお伝えしたかったポイントをまとめると以下のようになります。 ロードローラーのレンタルは、借入期間によって損をする場合がある ロードローラーのレンタルは、トータルコストの削減が大きなメリット ロードローラーをレンタルする場合は、アクティオがおすすめ ロードローラーをレンタルする場合の相場は、1日あたり約3,000~10,000円 ←中古の【ロードローラー】を探すならトクワールド!

    2023/06/09

    382

  • ロードローラーとタイヤローラーは何が違うの? タイヤローラーの基礎知識や資格も紹介
    ロードローラー

    ロードローラーとタイヤローラーは何が違うの? タイヤローラーの基礎知識や資格も紹介

    目次 ロードローラーとタイヤローラーの違いとは? タイヤローラーはここが違う! タイヤローラーの基本情報を紹介 タイヤローラーの運転に必要な資格とは? タイヤローラーでよくある重さは? それぞれの重さの違いも解説 メーカー別のタイヤローラーを紹介! それぞれの違いも解説 タイヤローラーを中古で購入する際の費用の目安とは? タイヤローラーを中古購入するなら在庫数が豊富なトクワールドへご相談ください|まとめ ロードローラーとタイヤローラーの違いとは? ロードローラーとタイヤローラーは、どちらも締固め用建設機械です。しかし、機械の装備や形状、用途が少し変わってきます。 ロードローラーとタイヤローラーの違いを分かりやすく表にまとめました。   ロードローラー タイヤローラー 装備の違い 鉄製の車輪で転圧 ゴム製のタイヤで転圧 形状の違い 大型車が多い傾向にある 小型や中型が多い傾向にある 用途の違い 初期転圧や2次転圧作業 仕上げ転圧作業 形状や用途に関しては、主に使用される場合を想定しているため、一概にはいえません。しかし、明確に区別しようとすると、上記のようになるでしょう。 ロードローラーとタイヤローラーは、どちらも転圧を行う機械ですが、得意な作業が違ってくると覚えておいてください。 タイヤローラーはここが違う! タイヤローラーの基本情報を紹介 次に、タイヤローラーの基本的な情報を解説します。この記事で紹介する基本情報は、以下の通りです。 タイヤローラーの用途 タイヤローラーのメンテナンス タイヤローラーの速度 タイヤローラーの散水機能 1.タイヤローラーの用途 タイヤローラーの主な用途は、以下の通りです。 アスファルトやコンクリート舗装の整備 地盤の締固め タイヤローラーは、通常のロードローラーよりも車体重量が軽く、小回りが利くという特徴を有しています。そのため、初期転圧作業よりもアスファルトやコンクリートの仕上げ転圧作業を得意としているのです。 さらに、タイヤローラーはゴム製のタイヤを装備しています。ゴム製のタイヤはロードローラーが装備している鉄製の車輪より衝撃吸収力に優れており、道路面に対して優しく仕上げることができます。 これらの理由により、タイヤローラーはアスファルトやコンクリート舗装の整備が主な用途になります。 また、タイヤローラーはタイヤの空気圧を変えることにより、さまざまなシーンに対応可能です。 ゆえに、地盤の2次転圧作業や初期転圧作業なども行うことができます。 2.タイヤローラーに必要なメンテナンス タイヤローラーに必要なメンテナンスは、以下の通りです。 タイヤの空気圧チェック タイヤの清掃や交換 油圧システムのメンテナンス タイヤローラーで適切な転圧作業を行うには、適度な空気圧が必須です。空気圧が不足している場合、騒音・振動の増加やタイヤの劣化スピードが早まるなど、さまざまな影響を及ぼしてしまいます。 もし、空気圧が維持できない場合はタイヤの交換も視野に入れるようにしてください。タイヤは必ず摩耗によってすり減ります。 また、タイヤローラーのタイヤは泥や汚れが付着します。タイヤローラー自体の寿命を伸ばすためにも、タイヤの定期メンテナンスは実施してください。 そのほかに、油圧システムを採用しているタイヤローラーに関しては、オイル交換やオイルフィルターの交換などを定期的にする必要があります。 3.タイヤローラーの速さ タイヤローラーの速度は、機種やメーカーによって異なります。転圧作業では、おおよそ3〜10km/hで走行します。 作業別の速度の目安を表にまとめました。 作業名 速度 初期転圧 2~3km/h 2次転圧・仕上げ転圧 6~10km/h 4.タイヤローラー特有の散水機能 散水機能とは、水を撒くことができる機能です。タイヤローラーには、散水機能が搭載されているものもあります。 タイヤローラーに散水機能が付いている理由は、タイヤに付着した汚れやアスファルトを洗い流して、よりきれいな路面に仕上げるためです。 タイヤローラーの散水機能は、水タンクと水を噴出するポンプなどで構成されています。これらが連動して、タイヤや近くの路面に水を撒くわけです。 しかし、散水量や散水のタイミングには注意が必要になります。散水量が多すぎると、アスファルトが冷えすぎたり水たまりができたりします。 散水は路面の状況や気温などを考慮して調整してください。 タイヤローラーの運転に必要な資格とは? 次に、タイヤローラーを運転する際に必要になる資格について解説します。タイヤローラーで必要になる資格は、主に以下の2つです。 締固め用建設機械運転特別教育 普通免許や大型特殊免許 締固め用建設機械運転特別教育 タイヤローラーは、締固め用建設機械に分類されます。そのため、タイヤローラーの運転には「締固め用建設機械運転特別教育」という資格を取得する必要があります。 「締固め用建設機械運転特別教育」は、ローラー特別教育とも呼ばれている資格です。タイヤローラーだけではなく、ロードローラーを運転する場合も取得しなければなりません。 特に事業者の方は、労働安全衛生法第59条3項にて「一定の危険がある業務に就かせる場合は、業務に関する特別教育を行わなければならない」と義務付けられています。 必ず、作業員の方が資格を取得しているのか免許を確認するようにしてください。 もし、無免許でタイヤローラーの運転をした場合は「6ヶ月以下の懲役または50万円以下の罰金」が適用されてしまう可能性があります。 タイヤローラーは、1つの操作ミスで重大事故につながる恐れのある建設機械です。しっかりと特別教育で操作方法等を学ぶようにしましょう。 普通免許や大型特殊免許 タイヤローラーで公道を走行する場合は「締固め用建設機械運転特別教育」とは別に自動車免許が必要になります。そのほかには、ナンバープレートが必要です。 あくまで、公道を走行する場合に限ります。 必要になる自動車免許は、タイヤローラーの大きさによって変わります。主に「普通免許」「大型特殊免許」のどちらかで対応可能です。 もし、必要な自動車免許が分からない場合は、リース会社や販売会社に問い合わせるようにしてください。 タイヤローラーでよくある重さは? それぞれの重さの違いも解説 次に、タイヤローラーで頻繁に使用される3つの重さの違いについて解説します。この記事で扱う3つの重さは、以下の通りです。 3tのタイヤローラー 8tのタイヤローラー 10tのタイヤローラー 3tのタイヤローラー 3tのタイヤローラーは、中型重機として中古市場でも高い人気を集めています。3tのタイヤローラーが支持を得ている理由は、以下の通りです。 小回りが利き、操作性に優れている コストパフォーマンスに優れている さまざまな現場に対応できる汎用性の高さ 8tのタイヤローラーは、大型の建設機械になります。そのため、作業幅が広く大規模な現場で効率よく作業を行うことが可能です。 また、操作性も非常に優れており、スピードや振動の調整を行うことで精度の高い施工を実施できるでしょう。 10tのタイヤローラー 10tのタイヤローラーは、重量を感じる大型の建設機械です。大型の工事現場で活躍することは間違いありません。 10tのタイヤローラーが支持を得ている理由は、以下の通りです。 高い締固め能力を誇る 大型タイヤを搭載しており、路面の凹凸に強い 長時間の作業に適している 10tのタイヤローラーの特徴は、高い締固め能力です。重量感のある車体を存分に使用して、転圧したい箇所を締固めます。1度に転圧できる面積も広いため、高速道路や大型駐車場などの舗装工事が得意です。 また、車体が大きいため大型のタイヤを装備できます。そのため、乗り心地が良く凹凸をしっかりと平坦にしてくれることでしょう。 燃料タンクも大きいものが装備されているため、長時間の施工にも適しています。 メーカー別のタイヤローラーを紹介! それぞれの違いも解説 次に、メーカーが開発・販売しているタイヤローラーを紹介します。この記事で紹介するメーカーは、以下の通りです。 株式会社日立建機カミーノ 酒井重工業株式会社 関東鉄工株式会社 株式会社日立建機カミーノのタイヤローラー 株式会社日立建機カミーノのタイヤローラーは、以下のような基本スペックです。 メーカー 株式会社日立建機カミーノ 種類 タイヤローラー 型式 ZC220P-6 機械質量 8,880kg 全長 5,110mm 全幅 2,275mm 全高 2,900mm タイヤ本数 前軸3/後軸4本 参考:ZC220P-6カタログ 株式会社日立建機カミーノのタイヤローラーは、以下の特徴を有しています。 新型エンジンにより燃料消費量の低減 最新の予防安全設備を搭載 メンテナンス性が進化 日立建機カミーノのタイヤローラー「ZC220P-6」は新型エンジンと油圧ポンプの見直しにより、大幅な燃費性能の向上を実現しています。旧モデルである「ZC220P-5」が3.38L/hなのに対して「ZC220P-6」は3.12L/hです。比べてみると、約7.6%燃料消費量が低減していることが分かります。 また、誤操作を低減する安全装置や耐久性の高い素材を使用することにより、メンテナンス性を向上させています。 タイヤローラーの使用頻度が高い現場でおすすめの1台です。 酒井重工業株式会社のタイヤローラー 酒井重工業株式会社のタイヤローラーは、以下のような基本スペックです。 メーカー 酒井重工業 種類 タイヤローラー 型式 TZ704 機械質量 9,100kg 全長 4,985mm 全幅 2,275mm 全高 2,905mm タイヤ本数 前軸3/後軸4本 参考:TZ704カタログ 酒井重工業株式会社のタイヤローラーは、以下のような特徴を有しています。 ミラーが多数設置されており、視認性が抜群 ECOモードにより、燃費性能を36%向上 折り畳みやすいキャノピで操作性が向上 酒井重工業株式会社のタイヤローラーは、コーナーミラーやバックミラーを多数設置することにより、死角を限りなく少なくしています。これにより、周囲確認を最小限にできるため、安全に素早く作業を開始できるでしょう。 また、燃費性能にも力を入れています。ECOモードを搭載しており、ECOモードの際はフルスロットル時と比較して燃費性能を最大36%向上させています。 酒井重工業株式会社のタイヤローラーは、女性でも気軽に作業ができるようにキャノピを折り畳みやすくしているのも特徴です。操作性と燃費性能のバランスが取れたタイヤローラーを探している方におすすめになります。 関東鉄工株式会社のタイヤローラー 関東鉄工株式会社のタイヤローラーは、以下のような基本スペックです。 メーカー 関東鉄工株式会社 種類 タイヤローラー 型式 KT30S 機械質量 3,000kg 全長 2,665mm 全幅 1,297mm 全高 1,665mm タイヤ本数 前軸3/後軸4本 参考:KT30Sカタログ 関東鉄工株式会社のタイヤローラーは、以下のような特徴を有しています。 市街地や小規模舗装に適した小型のタイヤローラー ブレーキを活用した安全性能に優れている 速度の切り替えにより、優れた施工性を保持 関東鉄工株式会社のタイヤローラーは、3tクラスの小型タイヤローラーです。そのため、小規模現場に適しています。 また、ブレーキを油圧モーターと連動させることにより、確実に停止できる仕組みを採用しています。 スピードモーターも2つ搭載しているため、速度の切り替えが可能です。作業に適した速度に切り替えることで、施工性を向上させられるでしょう。 関東鉄工株式会社のタイヤローラーは、市街地や小規模現場でタイヤローラーを使用したい方におすすめです。 タイヤローラーを中古で購入する際の費用の目安とは? 次に、タイヤローラーを購入したいと考えている方に向けて、中古で購入する際の目安を紹介します。 タイヤローラーの中古価格は、車両の大きさによって変化します。 小型のタイヤローラー 200万円~300万円 中型~大型のタイヤローラー 400万円~ 「どのタイヤローラーを購入すればいいのか分からない!」という方もいらっしゃると思います。 まずは、小型のタイヤローラーを1台保有しておくといいでしょう。小規模な建設会社の場合、小型のタイヤローラーを所持しているだけで、作業効率は上がります。 レンタルする際の手続き等も必要なくなるため、スムーズに仕事に取り掛かれるでしょう。 タイヤローラーを中古で購入したい方は、トクワールドをご検討ください。安心サポートパックや納車手配など、さまざまなサービスを用意しています。 また、買取無料査定も実施中です。重機のことでお困りの際は、トクワールドへご相談ください。 タイヤローラーを中古購入するなら在庫数が豊富なトクワールドへご相談ください この記事の内容を改めてまとめます。 イヤローラーは、ゴム製のタイヤを搭載した締固め用建設機械 タイヤローラーを運転するには資格が必要 タイヤローラーは重さによって用途が変化する タイヤローラーを中古購入する目安は、200万円以上 ←中古の【ロードローラー】を探すならトクワールド!

    #ロードローラー#資格

    2024/01/29

    278

他の記事をみる

OFFICIAL SNS公式SNS

youtube YouTubeトクワールドYoutubeチャンネル

愛知県春日井市の中古重機・建機専門店「株式会社トクワールド(TOKU WORLD)」のYouTubeチャンネルです! 主に自社在庫の機械やアタッチメントの動作確認の動画を中心に、多数アップしておりますので是非チャンネル登録をお願い致します!

ページの先頭へ