クレーン トラッククレーン販売在庫(2台)

  1. TOP
  2. 商品一覧
  3. クレーン
  4. トラッククレーン

ページの先頭へ

トラッククレーンをメーカーから探す

  • タダノ(多田野)
  • 加藤製作所
  • コマツ
  • コベルコ建機
  • 前田製作所
  • その他

トラッククレーンとは

トレッククレーンは、トラック式下部走行体を採用した移動式クレーンをトレッククレーンと呼びます。これは、一般的な汎用トレックシャシーをベースにしたものと、クレーン専用の台車であるクレーンキャリアを使用したものがあり、クレーンキャリアにはさらにオールテレーンキャリアが含まれます。大型特集自動車として扱われるラフテレーンクレーンのように最高速度49km/hに制限されることがなく、一般のトレックや乗用車同様の速度で走行することができます。大型車のシャシーが使用されることもありますが、小さなシャシーを用いれば狭い道路でも走行でき、狭い作業スペースにも対応できます。クレーン装置は、テレスコピックブーム式の全油圧駆動で、重量が限られているため、クレーンの吊り上げ能力も大きなものはないが、普通免許で運転できる範囲内で7トン吊の機動があります。このクラスで4段ブームを採用し、20mを超える最大地上揚程を確保しています。


トラッククレーンの種類

トラッククレーンは、操作性、機動性に富んでいるため小型から大型まで様々な種類があり、幅広い用途に使用されています。トラッククレーンには、油圧ポンプを駆動して油圧モータや油圧シリンダを作動させる油圧式と、動力を機械的に伝達する機械式があり、近年は、純然たる機械式は少なく、各部に油圧の機構を使用した複合方式が用いられています。このため、現在では油圧式と機械式を動力伝達方式では区別せず、単に箱型構造ジブのものを油圧式、ラチス構造ジブのものを機械式と呼びます。
 大型のトラッククレーンは、ほとんどが専用のシャーシが用いられており、小型のトラッククレーンの場合は、トラックメーカーが製造する汎用シャーシに、クレーンメーカーが上部旋回体を架装している。下記写真の上部旋回体は、つり上げ能力がまったく同じものですが、エンジンや車体等の下部走行体は製造メーカーによってそれぞれ異なっています。顧客は、好みによって移動式クレーンを自由に選択することができます。
 タダノ、加藤、コベルコ、コマツ、日立建機、前田製作所等各メーカーのクレーンが揃っています。


トラッククレーンの特徴


豊富な在庫一覧 中古重機 中古建機 販売

中古建設機械の在庫商品検索(1145)台

機械の種類
種類詳細
メーカー
キーワード(型式/仕様/クラス等)
年式