中古建設機械在庫カテゴリーから探す(999)台

  1. TOP
  2. 中古重機・中古建機在庫(999)台

ユンボ中古の人気順

ユンボをもっと見る

ミニユンボ中古の人気順

ミニユンボをもっと見る

クレーン中古の人気順

クレーンをもっと見る

ホイールローダー中古の人気順

ホイールローダーをもっと見る

フォークリフト中古の人気順

フォークリフトをもっと見る

運搬車両中古の人気順

運搬車両をもっと見る

重機アタッチメント中古の人気順

重機アタッチメントをもっと見る

部品パーツ(建設機械)中古の人気順

部品パーツ(建設機械)をもっと見る

最近見た中古商品一覧

    最近見た商品が表示します。

ページの先頭へ

建設機械をメーカーから探す

  • タダノ(多田野)
  • 加藤製作所
  • コマツ(小松)
  • コベルコ建機
  • アイチ(愛知車輌)
  • 石川島(IHI)
  • 古河
  • モロオカ(諸岡)
  • 住友建機
  • 三菱重工
  • キャタピラー
  • 日立建機
  • クボタ
  • ヤンマー
  • TCM
  • 川崎重工業
  • トヨタL&F
  • いすゞ
  • 日野
  • 日産ディーゼル
  • トヨタ
  • 酒井
  • 北越
  • デンヨー
  • オカダ
  • 丸順
  • ニューマチック
  • その他

建設機械とは

  建設機械は、「土木・建設工事などに使用される動力機械類の総称で、人間が1人または2人乗り込んで動作させる車両」と定義されています。 「乗り込んで」「車両」とあるので、人が操作して自走するものが該当します。人が操作するために乗り込まない無人のものは含まないということになります。 さらに、ダンプや平ボディのトラックのように公道を走行している車両も重機に含まれます。用途としては、掘削や運搬、搬入搬出・除雪・破壊に使われます。


建設機械の種類

  建設機械は、ユンボ(バックホー)を代表に、エンジンの動力源は、ディーゼルエンジンが主体になっています。クレーン、ホイールローダー、ブルドーザ、スクレープドーザ、ローダ、ダンプ、トラック、モータグレーダー、環境機械等があります。
 ユンボは、一つの呼び名であり、他にも「バックホウ(バックホー)」「油圧ショベル」「パワーショベル」「ショベルカー」などとも呼ばれます。重機の中でユンボは「万能機械」と呼ばれています。主に掘削や積込みの用途で使用されますが、ユンボの先端にさまざまのアタッチメントをづける取り付けることにより作業の幅が広がります。農業や林業、畜産業の分野でも活躍しています。
 ミニユンボは、一つの呼び名であり、他にも「小型ユンボ」「超小型ユンボ」「ミニバックホウ(ミニバックホー)」「ミニ油圧ショベル」「ミニパワーショベル」「ミニショベルカー」「豆ユンボ」などとも呼ばれます。
 クレーンは建設現場で、鋼材やセメントなどの構造物の構成要素、部材、事前に組み立てられた構造物一部を移動運搬する作業が多発します。この移動運搬作業の為に使われるのが建設工事の合理化や省力化に大きな役割を果たしています。近年の発達によって、取り扱うものの大型化や多量化が可能になり、大型構造物の建築が可能になっています。 動力を用いて荷を吊り上げ、水平に運搬することを目的とする機械装置です。弊社が扱っているのはエンジンを内蔵していて移動できるものです。
 ホイールローダーは、土木現場で土砂の運搬やトラックなどへの積込みや排出などに使われます。ユンボも同じような作業ができますが、バケット容量が大きいため、こういった作業には、ホイールローダーを用いることが多いです。
 運搬能力に適しているホイールローダーは、除雪作業に使われることも多いです。雪をバケットで押して進みたまった雪をすくい積み上げる方法やスノーブレードやスノープラウなど除雪に特化したアタッチメントに交換することで、道の端に雪をどける方法もあります。他に、農業や畜産などでも使用されます。堆肥の切り替えしや運搬など以外にも畜産用のアタッチメントも種類が多くあります。畜産専用のバケットは、防錆力が強く耐薬品性に優れた亜鉛メッキを使用し、大容量にしています。えさまきバケットは、バケットの横に穴が開いており、均一なえさ巻き作業ができます。ベールグラップル(ロールグラップル)は、ベール(円柱状に巻いた牧草)安定して運搬できます。パレットフォークは、ワラや牧草単尺材などの運搬や積み上げ下ろしに適しています。
 フォークリフトは自動車の一種です。荷物の下にフォークのような形をしたアームを差し、上下して持ち運びます、回転用アタッチメントを付けて傾斜させることもできます。工場、倉庫、港湾、市場、貨物基地で活用される代表機種です。重い荷物を持ち上げた状態でも走行が可能なため、大量の重い荷物を移動させる際などに大幅な作業時間の短縮ができます。また、マスト(支柱)を伸ばすとフォークが上昇するため、車体の高さよりも高い場所に貨物を移動することができます。フォークリフトは基本的にパレットに差し込めるタイプのフォークを装着していますが、一方で、その他にもさまざまなアタッチメントが装着可能であるという特徴もあります。そのため、装着するアタッチメントを変えれば、より幅広い貨物の運搬や作業に対応が可能です。
  重量物を運搬する車輌の中でも公道を走行可能なものを運搬車両として扱っています。軽規格から20tを超えるようなサイズまでほぼ例外なくラダーフレームのような頑強なシャーシを採用していて、そこから用途別のボディを組み合わせて作られます。トラックメーカー自体はボディを製造することは行っておらず、キャビン付きシャーシまでの製造を担っています。その後専門の架装メーカーがそれぞれに必要なボディを取り付けることで幾多の種類の運搬車両が完成します。
 アタッチメントにはさまざまな種類・形状・機能があります。
・掘削用バケット・グラップル(フォークグラブ)・ブレーカー(油圧ハンマー)・大割(クラッシャー)・小割(パクラー)・スケルトンバケット(ふるいバケット)


中古建設機械の在庫商品検索(999)台

機械の種類
種類詳細
メーカー
キーワード(型式/仕様/クラス等)
年式