中古重機買取 中古建機販売 中古ユンボ バックホー ホイールローダー ブルドーザー ラフタークレーン 自走式破砕機 ダンプ ユニック車 部品パーツ アタッチメント 中古建設機械修理・輸出・リース 中部地方 愛知 岐阜 三重県

中古ホイールローダー(タイヤショベル)の在庫/中古タイヤショベル、ホイルローダーの販売ならトクワールド

ホイールローダー(タイヤショベル)販売在庫(9台)

  1. ホイールローダー(タイヤショベル)

ホイールローダー(タイヤショベル)の中古重機・中古建機販売在庫の検索(9台)

機械の種類1機械の種類2メーカーキーワード(型式/仕様/クラス等)
機械の種類1 機械の種類2 メーカー キーワード(型式・仕様・クラスなど)

年式

ページの先頭へ

ホイールローダー(タイヤショベル)とは

 一般的にホイールローダーは、土木現場で土砂の運搬やトラックなどへの積込みや排出などに使われます。ユンボも同じような作業ができますが、バケット容量が大きいため、こういった作業には、ホイールローダーを用いることが多いです。
  運搬能力に適しているホイールローダーは、除雪作業に使われることも多いです。雪をバケットで押して進みたまった雪をすくい積み上げる方法やスノーブレードやスノープラウなど除雪に特化したアタッチメントに交換することで、道の端に雪をどける方法もあります。
  他に、農業や畜産などでも使用されます。堆肥の切り替えしや運搬など以外にも畜産用のアタッチメントも種類が多くあります。畜産専用のバケットは、防錆力が強く耐薬品性に優れた亜鉛メッキを使用し、大容量にしています。えさまきバケットは、バケットの横に穴が開いており、均一なえさ巻き作業ができます。ベールグラップル(ロールグラップル)は、ベール(円柱状に巻いた牧草)安定して運搬できます。パレットフォークは、ワラや牧草単尺材などの運搬や積み上げ下ろしに適しています。
  アタッチメントを変えるだけでなく、メーカーから除雪仕様、畜産仕様としてそれぞれの特性に特化したパッケージで販売されているものもあります。
  除雪仕様は、運転席がCABで大容量バッテリーを標準装備しています。
  畜産仕様は、足回りを耐食性に優れた亜鉛を使用し、おおきなゴミの目詰まりを防止するためのスクリーンを標準装備しています。
  このようにそれぞれの環境に適した装備をし、安心安全に使用できるよう工夫されています。


ホイールローダー(タイヤショベル)の種類

 ホイールローダーは、タイヤショベルとも言います。またベイローダーとも呼ばれていました。ペイローダーは、1960年代にコマツが製造し販売しました。ペイローダーは、もとはアメリカのハフ社の商品名で、コマツが販売の時にそのまま使用し、人気が出て当時はホイールローダーの代名詞となりました。
  ホイールローダーは、トラクターショベルの種類です。トラクターショベルは、トラクターの機体前面にバケットがついており掘削・運搬・積み上げ下ろしを行います。走行方法により、クローラー式とホイール式に分かれます。クローラー式は、キャタピラのことです。キャタピラは、アメリカのキャタピラ社の商標なので使えません。ホイール式は、タイヤのことです。現在は、このホイール式が一般的になっています。
  ローダーとは、英語で積込みという意味があります。ホイールは、タイヤのことを言います。
  また、ホイールローダーによく似たショベルローダーもあります。違いは、ホイールローダーは、4輪駆動の建設機械であり中折式です。土砂の積み上げ下ろしや掘り下げが可能です。ショベルローダーは、2輪駆動で中折無しの特殊自動車でフォークリフトと同じような構造です。掘り下げをすることができません。似ているようで、違いがはっきりしています。


ホイールローダー(タイヤショベル)の免許・資格・操作

 ホイールローダーを運転するには、免許・講習が必要です。ホイールローダーとショベルローダーでは、必要な免許・講習が違います。
  ホイールローダーは、走行するのに小型特殊自動車運転免許または、大型特殊自動車運転免許が必要になります。作業するには、車両系建設機械運転者の資格(車両系建設機械(整地等)運転技能講習修了証所持)または、建設機械施工技術検定の1級第一種か2級第一種の合格証所持が必要である。
  ショベルローダーは、走行するのに小型または、大型の特殊免許が必要になります。作業するには、ショベルローダー等運転者としての資格(ショベルローダー等運転技能講習)が必要になります。


中古ホイールローダー(タイヤショベル)がよく買われる理由