中古重機買取 中古建機販売 中古ユンボ バックホー ホイールローダー ブルドーザー ラフタークレーン 自走式破砕機 ダンプ ユニック車 部品パーツ アタッチメント 中古建設機械修理・輸出・リース 中部地方 愛知 岐阜 三重県

小割機(パクラー),中古小割圧砕機の販売買取

重機アタッチメント販売在庫(382台)

  1. 小割機パクラー

重機アタッチメントの中古重機・中古建機販売在庫の検索(382台)

機械の種類1機械の種類2メーカーキーワード(型式/仕様/クラス等)
機械の種類1 機械の種類2 メーカー キーワード(型式・仕様・クラスなど)

年式

      ページの先頭へ

      小割機パクラーとは

       小割機は圧砕機の一種、重機のアタッチメントの1つで、「小割機」や「小割圧砕機」とも呼ばれています。
       大きなハサミのような形状をしており、油圧で動かし壁などの物を掴むことができます。解体工事現場などで利用されることが多く、主にコンクリート壁など大きな構造物を掴み、強い力でかみ砕けるという特徴があります。そのため、比較的大きなコンクリート製の建物に対して使われることが多く、一般的な木造住宅の上物解体で使われることは、ほとんどありません。
       圧砕機には「大割機」と「小割機」があり、それぞれ用途が異なります。大割機は、ハサミ状の巨大な2枚の歯によってコンクリートを掴み、圧砕する目的で使われます。歯の根元にはカッターがついており、コンクリート内部の鉄筋を切断することもできます(一部カッターがないタイプもあります)。一方、小割機は、ティース(歯)が2股か3股に分かれており、大割機と比較して細かく対象物を破壊できるのが特徴です。大割機が砕いたコンクリートをさらに細かく砕く際にコンクリートの2次破砕、小割破砕作業、コンクリートガラと鉄筋の分離・回収に使われます。
       大割機が対象に合わせて歯の角度を調整できるのに対し、小割機は対象の方を動かせるため、そうした旋回機能は付いていません。
       比較的他のアタッチメントと比べると騒音や振動が少ないというメリットがある一方で、粉塵が出やすいというデメリットがあります。そのため、解体業者としては、作業の際に多量の散水を行うなどの対策が必要になります。


      小割機パクラーの種類

       小割機の種類は色々あります。
      ●日本ニューマチック工業株式会社小割圧砕機(Gシリーズ)
       特徴はより高安全性、他急性を実現したモデルチェンジした、ブースタ機構搭載で、業界No.1の素早い開閉&ハイパワーの圧砕力を実現でき、電機配線が不要。往復配管付きショベルに簡単に取付け可能で、磁石がついたものは、アームの開閉で磁石がON/OFFになっています。鉄筋を分別、効率的な作業で人手不足の今時期の対応にはぴったりです。 ハイパワーの破砕力&クラス最大級の開口幅とコンクリート等対象物がつかみやすい幅広のアーム、カッター標準装備、強靭な新フレームを採用の待望のミニクラス兼用小割圧砕機電磁石付き小割圧砕機G250EH (220V)もあります、その特徴はブースタ機構搭載で、素早い開閉&ハイパワーの圧砕力と効率重視の3.8kW、760パイ丸型電磁石で、アーム先端に鉄筋つまみ形状を採用して、カッター標準装備もついています。
      ●株式会社タグチ工業の小割機にBシリーズ【2019新商品 MC-75B】 大型シリンダーと増速バルブにより、低振動・低騒音な圧砕を実現し圧砕シリンダーロッドを内部に格納する特許技術で、ロッド部の損傷を防止しています。また、さらなる軽量化を実現した「Bシリーズ(MC-35B/75B)」には、全モデルICチップを搭載しています。3D版電子パーツリストで部品情報検索が可能になっています。
        MC-35Bは3トン・4トン双方のショベル装着可能、また3Dパーツリストで部品情報検索が可能(Bシリーズのみ)で、鉄筋をつまみやすい形状で作業効率UPができます。
      ●古河ロックドリル株式会社のマグネット付小割圧砕機のVsシリーズ マグネットは、新開発の省電力・軽量の24Vバッテリー式強力マグネットを装着。 また、独自の脱磁回路により鉄筋の開放も瞬時に行えますので、鉄筋の分離・吸着・開放の一連の作業がスピーディ&スムースに行えます。


      小割機パクラーの免許・資格・操作

       圧砕作業の場合
       油圧配管の取扱に従って油圧ショベルのキャブ内に装備されている油圧配管操作ペダルなどを操作し小割機のアームを可動させます。
      <運転・使用上の注意>
      ●小割機をバケットと同様に油圧ショベルの操作で抱えこみますとブームやブームシリンダーなどの油圧ショベル本体と干渉しますので運転席付近での操作は、ゆっくりと注意して行ってください。
      ●小割機は、解体小割作業用に設計されていますので基礎などの引き起こしや無理なコジリ作業は、小割機及び油圧ショベルの損傷や故障の原因になりますので絶対にしないでください。
      ●油圧ショベルの各シリンダーのストロークエンドでの作業をしないでください。コジリ作業などで大きな応力が働くと油圧ショベルのリンク部分等の破損、曲折、亀裂が生じる場合がありますので絶対にしないで下さい。
      ●小割機でのコジリ、横殴り、叩き作業をしないでください。小割機及び油圧ショベルの損傷や故障の原因になりますので絶対にしないで下さい。
      ●小割機を地面に押付け油圧ショベルを方向転換(スピンターン)するとアームやピンなどに非常に大きな力がかかり損傷や故障に原因になりますので絶対にしないでください。
      ●粱や柱などを斜めに噛まないでください。
      小割機及び油圧ショベルの損傷や故障に原因になりますので絶対にしないでください。
      ●油圧ショベルの足場を安定させ水平の状態に作業をしないでください。 斜めになったまま作業すると油圧ショベルのアームなどに無理な力がかかり亀裂や捻じれが生じることがありますので絶対にしないください。
      ●小割機でガラや残土などの整地作業をしないでください。 油圧ショベルに大きな力がかかり損傷や故障の原因になりますので絶対にしなしでください。
      ●小割機で物を噛んだまま走行し足り振り回したりしないでください。 油圧ショベルに機種によっては、刃先が開き掴んでいる物が外れて落ちることがあり大変危険です。
      ●小割機を水中に使用しないでください。 小割機及び油圧ショベルの損傷や故障に原因になりますので絶対にしないでください。
      ●シリンダーなどの油圧機器は、使用中とその直後しばらくは、高温になっていますので不用意に手や体を触れると火傷する危険があります。
      ●鉄筋カッター刃でコンクリートを噛むとカッター刃の寿命が短くなります。
      ●法令により圧砕機(小割機)でのクレーン作業は、禁止されています。
      ●小割機を油圧ショベルに装着したまま移動するときは、シリンダーロッドを保護する為に必ず小割機の可動アームを全開にした状態(シリンダーを縮めた状態)で行ってください。
      ●作業終了時に小割機を油圧ショベルに装着したまま可動アームを全開にした状態で放置し翌朝みると可動アームが下がっている(閉じている)ことがありますが故障ではありません。可動アームとシリンダーロッドの重みで少しずつ油を吸い込むからです。
      ※オカダアイヨン株式会社より引用


      中古小割機パクラーがよく買われる理由